ユニコーンに乗って:邪魔すんな! “佐奈”永野芽郁&“須崎”杉野遥亮がキス寸前も「タイミング悪すぎ」

連続ドラマ「ユニコーンに乗って」第3話の一場面 (C)TBSスパークル/TBS 撮影:加藤春日
1 / 6
連続ドラマ「ユニコーンに乗って」第3話の一場面 (C)TBSスパークル/TBS 撮影:加藤春日

 女優の永野芽郁さん主演の連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)第3話が7月19日、放送された。成川佐奈(永野さん)と須崎功(杉野遥亮さん)の回想シーンが登場。良い雰囲気になった佐奈と須崎が、キスしようと顔を近付けたものの邪魔が入り、視聴者は「わータイミング!」「いいとこだったのに」などと盛り上がった。

 脚本は「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)などの大北はるかさんのオリジナル。自ら起業した教育系企業「ドリームポニー」の最高経営責任者(CEO)を26歳で務める佐奈の元にある日突然、会社の雰囲気とは全く異なる中年の元銀行員・小鳥智志(西島秀俊さん)が転職してきたことで、佐奈の仕事や恋の環境が一変して……という物語。

 第3話では、佐奈と須崎の過去が明らかになる。須崎は5年前、起業するために大学に潜り込んで勉強する佐奈と出会う。プログラミングが得意な須崎は、佐奈に起業を持ち掛けられ、一度は断るが、起業仲間を探す佐奈の一生懸命な姿を見て、協力を申し出る。

 学習アプリ制作を進める2人は、学生ビジネスコンテストで優勝賞金100万円を狙うことになる。その前日、2人は打ち合わせをするが、部屋が寒いため、それぞれくしゃみ。そこで、1枚のブランケットの中に入り、肩を寄せ合う。

 コンテスト優勝を誓い合った2人は、互いに顔を近付け、キスしようとするが、そこへ須崎の大学の同級生・栗木次郎(前原滉さん)が現れる。とっさに2人は互いに背を向け、寝たふりをするのだった。

 “キス未遂”に終わった2人に、SNSでは「心臓がドドドドド」「邪魔すんな!」「きゅんきゅんするやんけ」「2人の顔が良すぎてにやにやしてまう」「次郎くんかわいそうwww」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事