カムカムエヴリバディ:“稔さん”松村北斗&“安子”上白石萌音の名場面に「何度見ても泣く」「稔さんは永遠に国民の初恋」 「あさイチ」で紹介

上白石萌音さん
1 / 1
上白石萌音さん

 7月20日に放送されたNHKの情報番組「あさイチ」(総合、月~金曜午前8時15分)で、「日本のドラマ推し」をテーマに、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の「もう一度見たい胸キュン名場面」を紹介。2021年度後期の「カムカムエヴリバディ」から、雉真稔(松村北斗さん)とヒロイン・橘安子(上白石萌音さん)のシーンが取り上げられた。

ウナギノボリ

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、上白石さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演を務めた。

 紹介されたシーンでは、見合い話が持ち上がっていた安子が、慕っていた稔に会うため大阪を訪れる。しかし、稔に思いを伝えられないまま、帰りの汽車に乗る。岡山に到着し、涙を流す安子の前に、別れたはずの稔が現れ「何で泣いてるん?」と優しく声を掛けた。

 岡山まで安子を追いかけてきた稔に、SNSでは「何度見ても泣く」「稔さんの破壊力すごい」「キュンキュンしました」「稔さんは永遠に国民の初恋です」といったコメントが並んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画