城桧吏:「驚きとうれしさでいっぱい」 新垣結衣から表彰状ゲット!

画「ゴーストブック おばけずかん」(山崎貴監督)の初日舞台あいさつに出席した城桧吏さん(手前)と新垣結衣さん
1 / 10
画「ゴーストブック おばけずかん」(山崎貴監督)の初日舞台あいさつに出席した城桧吏さん(手前)と新垣結衣さん

 俳優の城桧吏さんが7月22日、都内で行われた主演映画「ゴーストブック おばけずかん」(山崎貴監督)の初日舞台あいさつに出席。無事に映画公開まで乗り切ったことを讃え、共演した新垣結衣さんからサプライズで表彰状を授与された城さんは、「すごく驚きと嬉しさでいっぱいです」と顔をほころばせた。

 劇中で小学校教師の葉山瑤子を演じた新垣さんによる表彰状の授与に、城さんは「ビックリしましたね。なんか…聞いていたのはお客さんからのQ&Aだった。『質問がある人、手を上げて〜』みたいなことをして、質問に答えると聞いていた。こんな……ステキなものをもらってうれしいです」とニッコリ。

 城さんはまた、「新垣さんと初めてお会いしたときはとても緊張していました。撮影を重ねて、緊張も解けて、たくさん話すことができるようになりました。撮影の間、ご迷惑をかけることもありましたが、とても楽しく過ごすことができました。またあのときに戻りたいと思うことが何度もあります」と述懐。「スタジオ撮影の休憩時間に、皆で小さな祠(ほこら)に行って『撮影がうまくいきますように』とお願いしたときが一番幸せで、気分があがり、より気を引き締めることができました」と話した。

 舞台挨拶には柴崎楓雅さん、サニーマックレンドンさん、吉村文香さん、神木隆之介さんも出席した。

 映画は、累計発行部数130万部を超える、斉藤洋さん作、宮本えつよしさん絵の人気童話「おばけずかん」シリーズが原作。どんな願いごともかなえてくれる一冊の本、おばけずかんを手に入れた子供たちの冒険、成長が描かれる。城さんは友達想いの少年・坂本一樹を演じた。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事