家庭教師のトラコ:子役の加藤柚凪に熱視線 「めっちゃ演技派」「長ぜりふ素晴らしかった」

連続ドラマ「家庭教師のトラコ」第1話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「家庭教師のトラコ」第1話の一場面=日本テレビ提供

 子役の加藤柚凪ちゃんが7月20日、橋本愛さん主演の連続ドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話に出演した。長ぜりふを含めた柚凪ちゃんの演技に、視聴者から「いとおしい」「けなげさの表現が上手」と熱い視線が注がれた。

 柚凪ちゃんは、金融業界新聞の記者・中村真希(美村里江さん)の一人娘・知恵を演じる。第1話では、知恵を有名私立小に合格させようと躍起になる真希が、謎の家庭教師・根津寅子(橋本さん、通称トラコ)と契約。トラコは、1万円で幸せになる方法を知恵に考えさせた。

 柚凪ちゃんは、フジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」で、上野樹里さん扮(ふん)する主人公・朝顔の娘・つぐみを演じたほか、NHKの連続ドラマ「カナカナ」で、不思議な能力を持つ5歳の少女・佳奈花役を務め、話題になった。

 柚凪ちゃんの登場に、SNSでは「朝顔のつぐみちゃんじゃん」「カナカナに出ていた子だ!」と盛り上がり、演技についても「めっちゃ演技派。上手」「知恵ちゃん役の子役さんにMVPあげたい。後半の長ぜりふが素晴らしかった」と声が上がった。

 ドラマは「家政婦のミタ」「35歳の少女」などの話題作を手がけた脚本家の遊川和彦さんとプロデューサーの大平太さんが再びタッグを組んだホームドラマ。

テレビ 最新記事