ちむどんどん:矢作が衝撃イメチェン! 再登場も“悪人顔”に 視聴者「ヤクザか借金取り?」と予想も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第80回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第80回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第80回が7月29日に放送され、突然「アッラ・フォンターナ」を去った、暢子(黒島さん)の先輩料理人・矢作(井之脇海さん)が、様変わりした姿で再登場し、視聴者に衝撃を与えた。

 第61回(7月4日放送)で、突然、退職届を残してほかの2人の厨房(ちゅうぼう)スタッフと共にフォンターナを去った矢作。店は大混乱に陥った。

 その後の矢作の行方は分からなかったが、第80回のラスト、フォンターナに派手なスーツ姿の男が現れ、その正体が矢作だった。暢子に「お前まだいたのか」と嫌みっぽく言う矢作。

 すると、一人のスタッフが「てめぇ! 今さらどの面下げて。お前のおかげで、オーナーや俺たちがどれほど……」と矢作につかみかかる。矢作はそれを突き飛ばすと「オーナー! オーナーいるか!」と叫んで……というところで同回は終了した。

 SNSでは「矢作さんすっかりキャラ変されて……!」「矢作パイセンイメチェンして再登場」「矢作どうしたwwwww」「すっかり悪い顔になって」「矢作さん、ヤクザか借金取り? 見ない間に何があったの?」といった声が相次いだ。

テレビ 最新記事