鎌倉殿の13人:全成“呪詛バレ”危機 木人形を拾ったのは誰? 視聴者が挙げた名前

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第29回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第29回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第29回「ままならぬ玉」が7月31日に放送され、源頼家の跡継ぎをめぐる覇権争いに、阿野全成(新納慎也さん)が巻き込まれる様子が描かれた。

 第29回では、御家人たちのバランスが崩れ始めた鎌倉。義時(小栗さん)は北条と比企との争いの激化を懸念し、頼時(坂口健太郎さん)と比奈(堀田真由さん)を前に決意を新たにする。そんな中、つつじ(北香那さん)が源頼家(金子大地さん)の次男・善哉を出産。三浦義村(山本耕史さん)が乳母夫となるが、比企能員(佐藤二朗さん)は長男・一幡こそが嫡男であるとけん制する。

 一方、北条時政(坂東彌十郎さん)は、りく(宮沢りえさん)から政子(小池栄子さん)の次男・千幡を頼家の跡継ぎに……という展開だった。

 時政とりくに頼まれ、頼家に対して呪詛(じゅそ)を行う全成だったが、効果は一向に現れず。そうこうしているうちに、側女(そばめ)のせつ(山谷花純さん)の思いに応える形で、頼家は一幡を跡継ぎに選ぶ。全成もまた、古井戸に落ちそうになった頼家を救い、その場で直接、礼を言われるばかりか、「まるで父と話しているようです」と言われたことから、“可愛いおいっ子”に対して心変わり。御所の床下から呪詛に使った木人形を回収し、心配をかけた妻の実衣にも事情を話して、元の仲良し夫婦の姿に。

 全て丸く収まったかに思われたが、実は全成は人形を一体だけ回収し忘れていて、不穏な効果音と共に何者かの手が“それ”をつかむ……というところで同回は終了した。

 SNSでは、「残りの一体があああああああっ!」「誰か拾っちゃったよォ~」「めっちゃコワい終わり方」「証拠として抑えられたか…」と視聴者は反応。「最後に人形拾ったの誰???」「絶対善児でしょ!?」「義村としか思えないw」「女子っぽかった?」「比企殿かなぁ…」「セクシー八田殿ちゃうの?」などと、善児(梶原善さん)や三浦義村、比企能員、八田知家(市原隼人さん)らの名前を挙げて、予想していた。

テレビ 最新記事