鎌倉殿の13人:頼時から泰時へ 望まなかった改名 坂口健太郎も「何か複雑な気持ちを抱えたままのお芝居」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第29回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第29回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、義時(小栗さん)の息子・頼時(坂口健太郎さん)が、源頼家(金子大地さん)によって名前を泰時に変えられる様子が描かれた。

 頼家は自分と同じ「頼」の字が名前に入っているのは心苦しいだろうという考えのもと、天下泰平から「泰」を取って、「泰時」とするよう言い渡す。しかし、頼時の「頼」は頼朝(大泉洋さん)の「頼」でもあることから、頼時(泰時)にとって決して納得のいくものではなく、父の義時に不満をもらす……という展開だった。

 ドラマの公式ツイッターでは、頼時(泰時)役の坂口さんの音声コメントが公開。「頼時は複雑な思いがすごくあったと思う」と切り出すと、「まずは金剛から始まって、頼時になって、その頼時の“頼”という字は、源頼朝様の“頼”をいただいたのに、息子の頼家から泰時という、とてもいい名前だとは思うんですけど、今の頼家が少し暴走しかけているのを見ているので、すごく複雑だなという気持ちでしたね」と明かす。

 また「鎌倉殿(頼家)に対面している中で、あまり複雑さというのを出し過ぎてはいけないと思うんですけど、どこかまだ頼時の若さというか、父親に促してもらって『ありがたき幸せ』という言葉が出るというか。もちろん名前をいただいて、喜ばしいことではあるけど、何か複雑な気持ちを抱えたままのお芝居になりましたね」と振り返った。

テレビ 最新記事