竹内涼真:W主演の横浜流星と「ダサいところをさらけ出せた」 「アキラとあきら」完成披露舞台あいさつ

映画「アキラとあきら」の完成披露舞台あいさつに登場した竹内涼真さん
1 / 12
映画「アキラとあきら」の完成披露舞台あいさつに登場した竹内涼真さん

 俳優の竹内涼真さんが8月8日、東京都内で行われた映画「アキラとあきら」(三木孝浩監督、8月26日公開)の完成披露舞台あいさつに、共にダブル主演を務める横浜流星さんと登場。横浜さんとは初共演という竹内さんは、横浜さんの事前の印象について聞かれると「画面越しで見ることが多いので……その役のイメージがついちゃうから、あまり先入観を持たないようにしていた」と吐露。さらにお互いの関係について「ここでは言えないんですけど、お互いのダサいところを撮影の合間にさらけだせたので、すごく仲良くなりました。到底舞台あいさつでは言えないような……。弱いところをさらけださないと、やっぱり接近できないんですよね」と親密になったことを明かした。

 また、今作の内容にちなみ、それぞれが仕事をするうえでの“信念”について聞かれると、竹内さんは「それは“六本木の男”ということで答えた方がいいんですか。“信念”という言葉を聞いちゃうとそっちに引っ張られちゃうので……」と現在放送中の主演連続ドラマ「六本木クラス」を匂わせて笑いを誘い、続けて「時間がない中で本当にすばらしい方たちが奇跡的に集まって作品を作るわけなので、やっぱりコミュニケーションをできる限りたくさん取る、意見交換する、というのが一番大事かなと思います」と信念を説明。同じ質問に、横浜さんは「妥協しないこと。やっぱり皆さんにいい作品、心に残る作品を届けるためには、それぞれが同じ方向に向かって、妥協しないことが大事だなと思っています」と思いを明かしていた。

 映画は、池井戸潤さんの同名小説(集英社文庫)が原作。メガバンク「産業中央銀行」を舞台に、偶然にも同じ名前を持つ新入社員・山崎瑛(竹内さん)と階堂彬(横浜さん)が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かっていく姿を描く。

 舞台あいさつには人気グループ「King & Prince」の高橋海人さん、石丸幹二さん、ユースケ・サンタマリアさん、江口洋介さん、三木監督も出席した。

写真を見る全 12 枚

映画 最新記事