六本木クラス:“葵”平手友梨奈「恋から愛へ」“新”竹内涼真への気持ちが変化 “膝枕ショット”も 第6話場面写真公開

連続ドラマ「六本木クラス」第6話の一場面(C)Kwang jin/tv asahi
1 / 5
連続ドラマ「六本木クラス」第6話の一場面(C)Kwang jin/tv asahi

 大ヒット韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」をリメークした竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話が、8月11日に放送される。葵(平手友梨奈さん)が新(竹内さん)に対して抱いていた“恋”が、“愛”へと変わった瞬間が切り取られた“膝枕ショット”が公開された。

 第6話では、新が、同級生の桐野(矢本悠馬さん)と長屋ホールディングスの専務・相川(稲森いずみさん)と結託して、株主総会で長屋茂(香川照之さん)の会長解任を画策。新は、茂支持派の結束を崩すために“切り札”を使うと言い出す。そのために新は「二代目みやべ」のスタッフに用事があると告げて出かけ、葵が強引について行く。道中、新の過去に何があったか全部教えてほしいという葵に、新は全てを打ち明ける。

 ドラマは「梨泰院クラス」の原作(マンガ)の設定を日本の設定に置き換え翻案したマンガ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。長屋ホールディングスによって絶望のふちに立たされた主人公・新が復讐(ふくしゅう)を誓い、戦う姿を全13話で描く。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事