SixTONES京本大我:「演じることに一番興味が湧いている」 役の広がりで高まる芝居への意欲

映画「TANG タング」で林原信二を演じるSixTONESの京本大我さん(C)2015 DI (C)2022映画「TANG」製作委会
1 / 1
映画「TANG タング」で林原信二を演じるSixTONESの京本大我さん(C)2015 DI (C)2022映画「TANG」製作委会

 わけあり主人公と不良品ロボットによる大冒険を描く映画「TANG タング」(三木孝浩監督、8月11日)。2人が冒険の途中で出会うロボットデザイナー・林原信二を演じるのが、人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の京本大我さんだ。京本さんは「ここ近年で一番、演じるということに興味が湧いている時期」だといい、本作との出会いも大きかったと明かす。緻密な役作りから、撮影で痛感した未熟さ、「舞台も映像もどちらもできる役者を目指したい」と語る芝居への熱意を聞いた。

 映画は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、デボラ・インストールさんの小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(小学館文庫)が原作。無職で人生迷子の主人公・春日井健(二宮和也さん)は、ある日、時代遅れのポンコツロボット・タングと出会う。ある理由から自分の夢を諦め、人生を一歩も進めずにいた健だったが、ロボットであるはずのタングがさまざまな感情を学び、成長していく姿を見て、次第に昔の自分を取り戻していくというファンタジー作だ。

 ◇「まさか映像のオファーをいただけるとは」 メンバーから“いじり”も

 京本さんといえば、若くしてミュージカル「エリザベート」に出演を果たすなど、舞台でも活躍している。今回は約3年ぶりの映画出演で、「まさか映像のオファーをいただけるとは思っていなかった。勝手に来ないものだと思っていたので(笑い)」と打ち明ける。

 「メンバーには小っ恥ずかしくて、自分からは言わなかったんです。(松村)北斗とかは実力でどんどん仕事をとっていくので、グループ内では『また決まったんだ』という感覚なんですが、ここにきて急に『自分も』って言い出すのは勇気がなくて……。共有のスケジュールを見て知ったメンバーから聞かれて、初めて伝えました。(田中)樹を筆頭に『きょも映画出るの!?』っていじられましたね」と照れ笑いを浮かべていた。

 ◇ポーズ一つにもさまざまな工夫 丁寧にひもといた役作り

 京本さんが本作で演じた林原は、超がつくほどのナルシシストなキャラクター。監督からは「この作品の中でユーモア的なポジションを担ってほしい」と委ねられた。京本さんは「自分の中で『林原といえばこれ』という決めポーズを考えてきて、と宿題も出されました。監督の中には確たる林原像があると感じたので、僕としてもいろいろな引き出しを用意していかなきゃいけないなと思いました」と役作りに臨んだ。

 ポーズは顔周りで表現できるものにし、指の形や手を置く位置を工夫。目立ちすぎずとも、印象に残るようにと案を練った。また、「決めぜりふではなく、普通のせりふであえてポーズをするとか。何でもない会話のキャッチボールの中でやるほうが、“本当のナルシシスト感”が出るんじゃないか」と分析。台本を読み直しながら、せりふのどのタイミングで組み込んでいくかにもこだわった。

 さらに「林原はナルシシストでも、“チャラい”わけではなくて。インテリで品があるように仕上げようと。その境目は少し難しかったですね」と緻密だった役作りを振り返る京本さん。「最初はさりげなく頬をかいたり、鼻をすすったり、現実味のある仕草も取り入れたいと考えていましたが、監督の林原像を聞いたときに、そのアプローチは違うなと感じて。林原に関しては、無駄のない動きを意識していました」と語る。

 ◇「映像経験が少なかった代償」 現場で感じたハードルの高さと新たな「欲」

 しかし、「実際に現場に入ってみると、二宮君のお芝居にすごくリアリティーがあって。林原は二次元のキャラクター的な要素を求められていたのですが、二宮君が演じる健と並んだときに浮いて見えてはいけないなと感じました」と明かす。三木監督と相談しながら、バランスの取り方を探っていった。

 撮影では、映像作品ならではの難しさも痛感。「舞台作品には稽古(けいこ)をしっかり積める環境がありますが、映像作品では当日のリハーサルのみの場合がほとんど。せりふを言いながら動きをつけるのも、舞台では日にちをかけて体に染みこませていけるのに対し、映像では現場で2、3回動いてもう本番。求められることへの臨機応変さ、瞬発力が自分には足りないなと感じました」

 「それでいて細かな動きまでカメラにしっかり映るし、林原は役柄的にも緊張が出てはいけなかった。自分で演じるプランは考えていましたが、現場で真逆のことを要求されたときに、すぐに修正していかなければならないし、しかもそれが映像にも残り続ける。そう考えると、自分にとってはハードルが高くて。やっぱり場数なんだなと。ここまであまり映像作品を経験できていなかった代償というか。僕の中では、舞台だから、映像だからと芝居を分ける感覚はあまりないですが、見る方にとってはやっぱり別物。どちらもできる役者を目指したいという欲が出ましたね」

 ◇演じる役に変化が 「より演じる面白さを知れた」

 林原という役を通じて、さまざまなことを学んだ京本さん。そもそも「『ナルシシスト=かっこいい』というよりも、『ナルシシスト=面白い』という役は、10代の自分だったら、若さ故のプライドでなかなか挑戦しづらかったかもしれません」と話す。「20代後半の今だからこそ、『自分で笑っていただけるなら』と抵抗なく受け入れられたというか。いろいろなことを経て、とがっていたものがそぎ落とされたからできた役なのかなと思います」

 そんな京本さんは、「数年前までは、ひ弱なキャラクターだったり、似たようなパターンの役を演じることが多かった」というが、昨年主演を務めたミュージカル「ニュージーズ」で主人公・ジャック役を務めたことで変化が。「リーダー的存在で、がさつな部分もあるような役だったんです。自分の中ですごく幅が広がったのを実感しましたし、より演じる面白さを知ることができました」

 演じられる役が増えたことで、「これから出会う役への可能性も感じられるようになって、もっといろいろな役をやりたいし、やれるんじゃないかって」と期待も膨らんでいる。「ここ近年で一番、演じるということに興味が湧いている時期だと感じています」と目を輝かせた。

映画 最新記事