ドキュメンタル:シーズン11配信へ シリーズ初、芸人不在の“アンリミテッド”版 香取慎吾、貴乃花光司、マイファス森内寛樹ら参戦 

8月17日からAmazon Prime Videoで配信される「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11 UNLIMITED」のキービジュアル (C)YD Creation
1 / 1
8月17日からAmazon Prime Videoで配信される「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11 UNLIMITED」のキービジュアル (C)YD Creation

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが手がける番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のシーズン11(全4話)が、8月17日から「Amazon Prime Video」で配信されることが11日、明らかになった。シリーズで初めて、お笑い芸人が参加しない“アンリミテッド”版となる。

 「ドキュメンタル」は、松本さんによって選ばれたお笑い芸人たちが、妥協なしで戦う“笑わせ合いバラエティー”。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得した者が優勝」というルールで、2016年に配信開始以降、人気を博している。

 今回参加するのは、香取慎吾さん、上地雄輔さん、貴乃花光司さん、高橋克典さん、六平直政さん、ロックバンド「氣志團」の綾小路翔さん、「MY FIRST STORY」のHiroこと森内寛樹さん。松本さんと共にバトルを見守る「オブザーバー芸人」として、ケンドーコバヤシさん、「FUJIWARA」の藤本敏史さん、「フットボールアワー」の後藤輝基さんも出演する。

 松本さんは、「今回のアンリミテッドというのは、これまでの型に収まらないというか、たがを外しちゃえというか。もう本当に誰が出てもいいし、男女混合でも、子供だっていいわけで。参加者は全人類だということですね」と説明。

 「メンバーはアンリミテッド一発目としては完璧やなと思うし、やっぱり芸人の戦いとは全然違うのね。今回が分岐点になるんでしょうね」と振り返り、「もうぶっちぎりのお笑いモンスターがいましたね。いや、ちょっとすごかったな……僕はもうめちゃくちゃ面白かったです」と感想を語っている。

 キービジュアルと予告編も公開された。予告編には、衝撃的なビジュアルに変身した香取さんや、コスプレ姿でものまねを披露する貴乃花さん、芸能界の大先輩に“ケツバット”をお見舞いする森内さんの姿などが映し出されている。

テレビ 最新記事