ちむどんどん:暢子のウエディングドレス姿に「めっちゃ可愛い」 優子とのシーンに「多幸感」 「明日の琉装も楽しみ」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第89回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第89回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第89回が8月11日に放送され、ヒロイン・暢子(黒島さん)のウエディングドレス姿に、視聴者から「キレイ」「めっちゃ可愛い」と声が上がった。

 同回は、暢子(黒島さん)と和彦(宮沢氷魚さん)がついに「アッラ・フォンターナ」で結婚披露宴の日を迎えて……という展開。暢子は終盤、ウエディングドレス姿で登場した。

 暢子は、自分のことのように緊張してソワソワする母・優子(仲間由紀恵さん)と部屋で2人きり。優子を落ち着かせ、「大事な話がある」と横に座らせる。

 そして、亡き父・賢三(大森南朋さん)の遺影に向かって「お父ちゃん。今日は一生に一度の、うちがお母ちゃんにできる、精いっぱいの感謝の日です。どうか天国から見守っていてください」と告げる。

 次に優子に向き直ると、涙ぐみながら「お母ちゃん。長い間、お世話になりました。うちはお嫁に行っても、ずっとお父ちゃんとお母ちゃんの娘だからね」と話し、強く抱きしめた。

 SNSでは「暢子ちゃん、キレイだったね〜」「ステキ」「暢子もだけど、優子さんも本当に本当に幸せそうで多幸感にあふれるシーンでした」「明日の琉装も楽しみ」といったコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事