鎌倉殿の13人:第31回視聴率12.1% 「勝つために何でもする」北条が比企能員を討ち取る

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」主演の小栗旬さん
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」主演の小栗旬さん

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第31回「諦めの悪い男」が8月14日に放送され、平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)は、世帯12.1%、個人7.2%を記録。同回では、比企能員(佐藤二朗さん)の最期と比企一族の滅亡が描かれた。

 第31回では、源頼家(金子大地さん)の後継者をめぐり、激しさを増す北条と比企の争い。義時(小栗さん)は鎌倉殿の役目を、能員の娘・せつ(山谷花純さん)が生んだ頼家の長男・一幡と、頼朝(大泉洋さん)と政子(小池栄子さん)の次男・千幡とで二つに分けるよう提案するが、能員は「鎌倉殿は一幡様ただお一人」と一蹴。義時も「これで大義名分が立った。比企を滅ぼす」と決意を固める。

 時政(坂東彌十郎さん)は最後にもう一度、義時の案を受け入れるか否か、能員と話し合うが、交渉は決裂。そこで北条側は、「頼家の後継者は一幡」という能員の考えに従う姿勢を見せ、和議を申し入れると、能員は“ほぼ丸腰”で一人北条館へとやってくる。

 そこで待っていたのは鎧(よろい)姿の時政たち。味方に引き入れたはずの三浦義村(山本耕史さん)にも裏切られ、逃げ場を失った能員は、その場で討ち取られてしまう。間もなく北条の軍勢が比企館を取り囲み、比企一族は滅亡し……。

 時政が能員に「坂東武者ってのはなあ、勝つためには何でもするんだ。名前に傷がつくぐらい屁でもねえさ」と告げるシーンもあり、SNSでは「これは、時政さんを、坂東武者を見くびってました」「やっぱ坂東武者怖ぇ…忘れてたわw」「坂東武者こえぇぇ逃げ道ねぇぇぇ」「久々に坂東武者のヤクザっぷりがすごい」といった声が次々と上がったほか、「全員悪人」「『坂東武者は勝つためならなんでもする』説得力」といった感想も書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画