浜田雅功:坂上忍と1年半ぶり共演 ボウリング対決で土下座も 「ごぶごぶ」

8月30日放送の「ごぶごぶ」の一場面=MBS提供
1 / 6
8月30日放送の「ごぶごぶ」の一場面=MBS提供

 俳優の坂上忍さんが、8月30日放送の「ダウンタウン」の浜田雅功さんのバラエティー番組「ごぶごぶ」(MBS、火曜午後11時56分)に出演。2人がテレビで共演するのは、2021年3月に終了した「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)以来、約1年半ぶりで、坂上さんは「こんな2人きりって初めて……緊張しちゃう……」と語る。

 同日は、さまざまなジャンルで浜田さんと坂上さんが対決し、勝った方にご褒美、負けた方にペナルティーが与えられるロケ「浜田VS坂上 男の真剣勝負」を実施。大阪・心斎橋のアメリカ村にあるボウリング場では、坂上さんは「実家の横がボウリング場だったので、僕有利です」と勝利宣言。「男なら1フレームだけで勝負! 敗者はスタッフにジュースをおごる!」というルールで対決する。

 浜田さんがガーターを出すと、坂上さんは「ガーターだ! ガーターだって!」と大はしゃぎ。「スペアとったらいいんでしょ?」と本気になる浜田さんの2投目は8ピン。「楽勝です」と余裕をかます坂上さんだったが、結果は3ピンで浜田さんが勝利。「でもまあ、練習はこんなもんですからね……」と負けを認めない坂上さんだったが、両膝を床につけて土下座し、本番?(2フレーム目)を要求。浜田さんは「よっしゃ、分かった! 次が本番!」と泣きの要求を受け入れる。

 2フレーム目の浜田さんの結果は3ピン。坂上さんは「4本倒せばいいだけでしょ? 気楽にいきまーす」と投げるとストライク。喜ぶ坂上さんが振り返ると、浜田さんが両膝、両手を床につけて土下座。「3度目の正直ということで」ともうひと勝負を懇願する。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事