魔法のリノベ:第9話 テレビで注目の大家族からリノベの依頼 “蔵之介”遠藤憲一の意外な過去も明らかに

連続ドラマ「魔法のリノベ」第9話の一場面=カンテレ提供
1 / 13
連続ドラマ「魔法のリノベ」第9話の一場面=カンテレ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「魔法のリノベ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第9話が9月12日に放送される。

 互いの思いを伝えあった小梅(波瑠さん)と玄之介(間宮祥太朗さん)の間に、甘い雰囲気が漂う中、人気テレビ番組で注目されている大家族から、リノベの依頼が舞い込む。母・珠江(池谷のぶえさん)と7人の子供たちが暮らす真野家を内見した小梅と玄之介は、あまりの乱雑ぶりに驚く。

 小梅は大家族の家のリノベにがぜん闘志を燃やし、山登りの際に2人で訪れた「一休食堂」の案件は、ひとまず玄之介主導で進めることに。ところが、玄之介から「一休食堂」の名を聞いた蔵之介(遠藤憲一さん)は顔色を変え、そこへ有川(原田泰造さん)が乗り込んでくる。

 再び真野家を訪れた小梅は、竜之介(吉野北人さん)が考えたプランを一家に提案。それをきっかけに、長女の樹愛留(じゅえる、宮崎優さん)と次女の帝愛羅(てぃあら、駒井蓮さん)が大げんか。帝愛羅は、家族の前で“ある秘密”を暴露してしまう。

 その帰り道、玄之介のもとに、「一休食堂」の店主・飛山剛志(大友康平さん)から電話が入る。とある筋から玄之介の正体を吹き込まれた剛志は、「あんたの親父がやったことは忘れてねえんだよ! 二度と顔見せんな」と怒鳴る。蔵之介と「一休食堂」の間には、何やら因縁があると察し、玄之介と小梅が尋ねると、蔵之介は意外な過去を語り始める……。

 原作は星崎真紀さんの同名マンガ。大手リフォーム会社のエースだったが、訳あって男だらけの福山家の営む「まるふく工務店」へ転職してきた小梅が、玄之介とコンビを組み、さまざまな問題を抱える依頼人たちに住宅リノベーションを提案していく。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事