オダギリジョー:「アトムの童」で日曜劇場8年ぶり出演 山崎賢人と敵対するIT企業の社長役

連続ドラマ「アトムの童」に出演するオダギリジョーさん
1 / 1
連続ドラマ「アトムの童」に出演するオダギリジョーさん

 俳優のオダギリジョーさんが、10月期にTBS系の「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「アトムの童(こ)」に出演することが9月16日、明らかになった。オダギリさんは「山崎君をはじめキャスト、スタッフの皆さんの力になれるのであれば」とコメントした。

 ドラマは、「相棒」(テレビ朝日系)シリーズや「この恋あたためますか」(TBS系)などの神森万里江さんによるオリジナルストーリー。ゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者・安積那由他(あづみ・なゆた、山崎賢人さん)が大資本の企業に立ち向かう姿と、周囲の人たちとの関わりによって成長していく様を描く。

 オダギリさんが日曜劇場に出演するのは、2014年放送の「S-最後の警官-」以来、約8年ぶり。本作で演じるのは、那由他と敵対する大手IT企業の社長・興津晃彦(おきつ・あきひこ)。インターネット検索サービス「SAGAS(サガス)」を日本最大のIT企業へと成長させた実業家で、近年はオンラインゲーム事業に力を入れているという役どころ。

 本作のプロデュースを手がける中井芳彦さんは「オダギリジョーさんにオファーさせていただいた際、この番組の演出と私が13年前のアシスタント時代にドラマで一緒だったことを覚えていてくださいました。今作ではチーフとして背負っていることをうれしく思います、とお話しいただき感激しました。この役を受けていただき感謝しかありません」と話した。

テレビ 最新記事