舞いあがれ!:山下美月“久留美”ビジュアル公開で大反響 “推し”が朝ドラに「最高に可愛い」「楽しみすぎる」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で望月久留美を演じる山下美月さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で望月久留美を演じる山下美月さん (C)NHK

 福原遥さん主演で10月3日からスタートするNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」で、望月久留美を演じる山下美月さんがドラマの公式ツイッターで紹介され、大きな反響を呼んでいる。

 望月久留美は、ヒロイン・舞(福原さん)の同級生。幼いころに両親が離婚して父子家庭で育ち、実業団のラグビー選手だった父がけがで失職したせいで経済的に貧しい子供時代を過ごす。舞が気にかけてくれたのをきっかけに親友になるが、舞とは対照的に堅実な看護師の道を目指すようになる。幼少期は子役の大野さきちゃんが務める。

 ツイッターでは、「久留美ちゃんは、(赤楚衛二演じる)貴司くんと同じく舞ちゃんの幼なじみ。3人の成長する姿、ぜひぜひ応援してくださいね。山下さんの演技にも注目です~」と紹介され、同ツイートは約1万3000件の「いいね」を集めている。

 コメント欄には「久留美ちゃん最高に可愛い」「髪の毛長くて、まるで別人!」「遥ちゃんだけでなく美月も出演するなんてもう神ドラマ確定!」「放送開始が待ちきれないです」「推しが朝ドラ出演まぢヤバい!!」「『舞いあがれ!』楽しみすぎる」といった声が寄せられている。

 「舞いあがれ!」は“ものづくりの町”として知られる東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島が舞台。さまざまな人との絆を育みながら、「空」に憧れるヒロインが「飛ぶ」夢に向かっていく、挫折と再生の物語だ。同局の土曜ドラマとして2020年1月に放送された「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんのオリジナルで、共同脚本として、嶋田うれ葉さん、佃良太さんもチームに加わる。

 タイトルには「ヒロインがどんな向かい風も全身で受け止めて、さらに高く舞いあがる」という思いが込められている。最後に感嘆符(!)が付くのは朝ドラでは第53作「走らんか!」(1995年度後期)以来。

テレビ 最新記事