ちむどんどん:最終週、突然のシリアス展開 視聴者戸惑いも草刈正雄の熱演に拍手 次女・麻有との親子共演に「とてもステキでした」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第122回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第122回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第122回が9月27日に放送され、草刈正雄さん演じる大里五郎が登場。視聴者から「草刈正雄さんが出るとドラマが締まる」「突然の重い話に戸惑ってるけど、草刈さんの演技が素晴らしい」といった声が上がった。

 草刈さん演じる五郎は、戦後に東京へ移住した沖縄出身の老人。「どうしても伝えたいことがある」と、全国の沖縄県人会のつてを頼り、「アッラ・フォンターナ」のオーナー・房子(原田美枝子さん)の紹介で、沖縄やんばるの比嘉家を訪れた。足の悪い五郎に付き添う娘・悦子は、草刈さんの次女で女優の草刈麻有さんが演じた。

 五郎の目的は、ヒロイン一家の母・優子(仲間由紀恵さん)の姉・時恵の“最期”を、時恵の親族に伝えることだった。時恵は沖縄戦の最中に優子と生き別れ、その後消息は分からなかったが、五郎が看取(みと)っていたことが判明した。

 五郎によると、焼け残った小屋に逃げ込むと、そこに撃たれた時恵が隠れていた。時恵は機銃掃射で両親はやられたといい、五郎たちに「自分はもう食べられないから」と握り飯を与えてくれた。逃げる中ではぐれた、妹(優子)と弟(秀夫)のことを告げ、もし巡り会えたら「見捨てたんじゃない。必死に捜したけど、見つからなかった」と伝えてほしいと頼んだ。そして、五郎に「妹に渡してください」と宝物のジーファー(沖縄の髪飾り)を渡して息を引き取った。

 五郎は時恵の最期を声を震わせながら、優子に伝えた。「お亡くなりになる前に、水をほしがりました。『喉が渇いた、お水をください……』。少し水は持っていました。だけど、私は水はないと言いました。自分たちの明日からのことを考えると……。食べ物をもらっておきながらウソをついて、水をあげなかった」。嗚咽(おえつ)する五郎は「ごめんなさい……本当に申し訳ありませんでした」と優子に頭を下げた。

 優子は「最期を看取ってくださり、ありがとうございます」と涙を流しながら、頭を下げた。そして「ネーネー、うちは秀夫を守れなかった。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。帰ってきてくれて、ありがとう」と時恵のジーファーを抱きしめた。

 SNSでは「いきなりめっちゃ重い展開に」「ぶっ込み感はあれどとてもよかった」「何十年も罪悪感を背負っていたんだな」「ジーファーは、時恵さんが両親にねだって買ってもらった宝物、という優子さんのセリフで、涙腺決壊してしまった」「(草刈さんの)親子共演とてもステキでした」といった声が上がっていた。

テレビ 最新記事