明日のちむどんどん:9月28日 第123回 「やんばるちむどんどん」開店日に“懐かしい顔” 直前、思わぬ事件

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第123回の一場面 (C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第123回の一場面 (C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は最終週(第25週)「やんばる!ちむどんどん!」を放送。9月28日の第123回では……。

 暢子(黒島さん)がやんばるで食堂を始める決意をしてから季節が過ぎ、村の人たちの助けも借りて、店の増築も無事に完了。地元の野菜を取り入れる工夫も重ねて、とうとう新しい店「やんばるちむどんどん」の開店日が決まる。そして、その日には懐かしい人たちがやってくることも判明。わくわくして準備を進める暢子だったが、開店前日に思わぬ事件が起こる。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子と、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事