Travis Japan:目標の寅年デビュー達成 「有言実行すごい」とファン感激 結成から10年「こんな日をずっと待っていた」の声も 

1 / 1

 ジャニーズJr.の人気グループ「Travis Japan」が、10月28日に全世界メジャーデビューすることが、9月29日に発表された。Travis Japanはそのグループ名から、寅年である今年の目標としてデビューを掲げており、ファンからは「寅年デビュー本当にかなったね」「おめでとう!」「有言実行すごい」と感動の声が上がっている。

 同グループは、「世界展開を描けるグループに」という思いのもと2012年に結成された。マイケル・ジャクソンの振付師であるトラビス・ペインさんがオーディションを行ってメンバーを構成し、グループ名もペインさんにあやかって名付けられた。メンバー変遷を経て、2017年からは宮近海斗さん、中村海人さん、七五三掛(しめかけ)龍也さん、川島如恵留(のえる)さん、吉澤閑也(しずや)さん、松倉海斗さん、松田元太さんの7人で活動している。

 高いダンススキルが武器で、今年3月下旬からは米ロサンゼルスに留学し、アーバン・ダンス・コンペティション「WORLD OF DANCE」や、人気オーディション番組「America’s Got Talent」に参加。現地でのパフォーマンスが話題を呼び、Capitol Recordsの担当者の目に留まったことで、今回のデビューが決定した。

 結成から10年でのデビュー決定に、SNSには「夢をつかみ取ってくれてうれしい」「こんな日をずっと待ってた……」「10年信じて追いかけてきて本当によかった!」といった声も。

 また、デビュー日の10月28日は「寅の日」であることから、「寅年寅の日にデビューはトラジャらしい」「寅年寅の日にデビューなんて夢のよう」「デビュー日が寅年寅の日とか一生忘れないと思います」と話題を呼んでいる。

芸能 最新記事