中条あやみ:“復活”「アナザースカイ」MCで「ゴチで鍛えていただいた」と成長に自信 初回ゲストは本木雅弘の長男・UTA

「Google Pixel presents ANOTHER SKY」でMCを務める(左から)今田耕司さん、初回ゲストのUTAさん、MCの中条あやみさん=日本テレビ提供
1 / 4
「Google Pixel presents ANOTHER SKY」でMCを務める(左から)今田耕司さん、初回ゲストのUTAさん、MCの中条あやみさん=日本テレビ提供

 女優の中条あやみさんがこのほど、「Google Pixel presents ANOTHER SKY」のタイトルで1年ぶりにレギュラー放送で復活する紀行番組「アナザースカイ」(日本テレビ系)のリモート会見に、共にMCを務めるお笑いタレントの今田耕司さんと出席した。2016年10月~2019年3月の約2年半にわたりMCを担当した中条さんは、“復活”した同番組に出演するうえでパワーアップした部分を聞かれると「パワーアップしていないとおかしいというくらい時間が経っているので、ちゃんと気を引き締めて、成長したところを見ていただけたらなと思います」と自信をみせた。

 2008年の放送開始から13年間、MCとして同番組に出演し続けてきた今田さんが、3年半ぶりとなる中条さんとのタッグで「中条あやみちゃんが3年半前と違って、カンペをちゃんと読んでいるときに、もう……すっと出たアドリブカンペを、すっとうまく入って自然に言っているときに、俺はもう泣きそうになりました」と冗談めかして中条さんの成長ぶりを褒めると、中条さんは「(当時)19(歳)の私にはちょっとね」と苦笑い。ただ、同局系のバラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」内の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!(ゴチバトル)」などにも出演していた中条さんは「日テレさんに『ゴチ』とかで鍛えていただいたから……(笑い)」と以前との違いにも触れていた。

 この日、会見前に初回の収録を終えた今田さんは「“ホーム感”ですよね、家に帰ってきた感は半端ないです」と感想を吐露。中条さんも「間が空いた感じがあまりしない」と同意し、「『アナザースカイ』のスタッフさんの作る映像はすごく愛があって、その人(ゲスト)のパーソナリティーを愛情を持って引き出してくれる映像だなと」と感嘆。ただ、ひさびさの収録のため本番前は「はりきりすぎちゃって、ちょっと気合が空回りしている感じ」だったと打ち明け、「『やばい、今日空回りするぞ』と思って……。一回、自分に『落ち着け』と。ゲストの方の『アナザースカイ』なので、引き出せたらいいなという気持ちで取り組もうと、自分に言い聞かせました」と心境を明かしていた。

 今田さんは「『アナザースカイ』がすごいのは、全国ネットで復活、枠も一緒というところ。シリーズが始まった時の『金曜の23時、全国ネット』というのは、これもまたうれしいですよね」と喜びを表現。また、2019年8月にレギュラー放送が終了した、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんらがMCを務めるTBSの紀行バラエティー番組「クレイジージャーニー」が10月から月曜午後9時のレギュラー放送枠で復活することにも触れられると、「深夜番組が全国ネットのゴールデンで復活しましたからね。超絶奇跡やなと。こっちの奇跡を超えてきたなと思うんですけど……」と笑わせつつ、「それでもうれしいですね、(アナザースカイが)復活するというのは」と喜びをかみしめていた。

 初回はゲストとして俳優の本木雅弘さんの長男のUTAさんが出演することも決まっており、印象について中条さんは「家族のこともあるのか、ちょっと達観している部分もあるけど、ちゃんと等身大の25歳というか。ふとした瞬間に出た“キャピキャピ感”が見られて安心しました。こういう等身大の部分もあるんだな、と。すてきな方だなと思いました」と説明。今田さんも「純朴といっていいんですかね、都会のセレブの洗練された人のイメージからガラッと変わった」と語っていた。

 「アナザースカイ」は「夢の数だけ空がある」をテーマに、ゲストが世界や日本国内のゆかりの地を訪れる様子に密着。ロケVTRを見ながら、スタジオでゲストの人生を掘り下げる。2008年10月、今田さんとバレエダンサーの宮尾俊太郎さんのMCでスタート。放送枠、MCの変更などを経て、2021年9月にレギュラー放送が終了。今年6月に特番として一度復活していた。「Google Pixel presents ANOTHER SKY」は10月7日から毎週金曜午後11時に放送。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事