川口春奈:「silent」ロケ撮影で“リアル”届ける 目黒蓮は「ほどよい緊張感で良いシーンに」

連続ドラマ「silent」の制作発表会見に出席した(左から)目黒蓮さん、川口春奈さん、鈴鹿央士さん
1 / 7
連続ドラマ「silent」の制作発表会見に出席した(左から)目黒蓮さん、川口春奈さん、鈴鹿央士さん

 女優の川口春奈さんがこのほど、東京都内で行われた主演ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)の制作発表会見に出席した。本作の撮影ではロケが多いといい、閉店後の実店舗や終電後の車両などを使用。川口さんは「リアルが届くと思います」と手応えを語った。

 一方、電車が運行している時間に撮影することもあり、共演の人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さんは「うまくいかなければ、また次の時間に、と繰り返すので、ほどよい緊張感があって、だからこそ良いシーンが撮れるのかな」と話した。

 会見には俳優の鈴鹿央士さんも出席。「リアルに、細かくこだわって撮影しているなと感じます」と印象を明かし、「空が見えたり、うそがないところが、気持ちも乗ってやりやすいです」と語った。

 ドラマは、新人の脚本家・生方美久さんによるオリジナルラブストーリー。主人公の青羽紬(川口さん)が、高校時代の恋人・佐倉想(目黒さん)と8年ぶりに再会。想は「若年発症型両側性感音難聴」を発症し、ほとんど聴力を失っていた事実に直面する。鈴鹿さんは、紬と想の高校の同級生・戸川湊斗を演じる。10月6日スタート。初回は15分拡大で放送される。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事