舞いあがれ!:いよいよスタート 「すごくいい感じの初回」と期待の声 福原遥登場も夢オチ?

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で主演を務める福原遥さん(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で主演を務める福原遥さん(C)NHK

 女優の福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1回が10月3日に放送された。新しい朝ドラのスタートに、視聴者からは「すごくいい感じの初回」「かわいい子役女の子でもう既に期待値高い」などのコメントが寄せられている。

 第1回では、原因不明の発熱のため学校を休みがちだった小学3年生の主人公・岩倉舞(浅田芭路ちゃん)が始業式から8日目に発熱もなく登校する。幼なじみ・貴司(齋藤絢永さん)のすすめで飼育係になった舞は、生涯の友人となる久留美(大野さきちゃん)とうさぎの「スミ」の世話をすることになる……と展開した。

 福原さんの登場は冒頭のみで、岩倉家が乗っている飛行機のパイロットとして登場。「快適な空の旅をお楽しみください」とアナウンスをしているときに、子供の舞が母・めぐみ(永作博美さん)から起こされ、それが子供の舞の“夢”であったことが分かった。

 SNSでは「夢オチならぬ夢始まり」「冒頭から夢オチ(笑い)」という声も。作品に対しては「朝ドラファンとして期待大!」「大阪の町工場のリアリティー感があるのもいい」「大阪の人情味が感じられる」などこれからへの期待の声も集まっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画