鎌倉殿の13人:胸に飛び込む千世、戸惑う実朝 「可愛すぎて優勝」「キュン死」 柿澤勇人のためらう手の動き「見事」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第38回の一場面 
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第38回の一場面 

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第38回「時を継ぐ者」が10月2日に放送され、柿澤勇人さん演じる源実朝と加藤小夏さん扮(ふん)する千世の姿に視聴者の注目が集まった。

 第38回では、激しさを増す北条親子による主導権争い。時政(坂東彌十郎さん)とりく(宮沢りえさん)は、三浦義村(山本耕史さん)に命じて実朝を屋敷へと連れ込み、鎌倉殿の座を娘婿・平賀朝雅(山中崇さん)へ譲るように迫る。

 対する義時(小栗さん)は、泰時(坂口健太郎さん)、時房(瀬戸康史さん)、八田知家(市原隼人さん)らを引き連れ、時政の屋敷を包囲。攻め込む機会を慎重に見定めていた。張り詰めた空気が鎌倉を覆う中、政子(小池栄子さん)は……と展開した。

 起請文(きしょうもん)を書くことを拒否する実朝を、やがて時政は解放する。時政との別れを惜しみつつ、千世と実衣(宮澤エマさん)が待つ館へと戻った実朝。すると千世が近寄ってきて、そのまま実朝の胸へと飛び込む。実朝は驚きと戸惑いの中、ぎこちなく千世を受け入れるも、その手は千世の肩の辺りをさまよい……。

 SNSでは「まあ千世ちゃん積極的」「若い2人のハグー!」「そこは抱きしめんかいwww」「ここはガバっと!」「京から来た嫁さんかわいいな」などと視聴者は反応。「抱きしめることをためらう実朝様の手の動きが見事である」「実朝くんがおずおず背中に手を回すの、キュン死にするか思ったわー」「実朝様、可愛すぎて優勝」といった声も次々と上がっていた。

テレビ 最新記事