silent:鈴鹿央士が川口春奈の恋人に 目黒蓮とは高校時代の親友 2人の間で葛藤

連続ドラマ「silent」で戸川湊斗を演じる鈴鹿央士さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「silent」で戸川湊斗を演じる鈴鹿央士さん(C)フジテレビ

 10月6日にスタートする連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)。新人脚本家の生方美久さんによるオリジナルラブストーリーで、音楽好きのヒロインと、耳に難病を抱え「音のない世界」で暮らす元恋人が偶然再会し、現実と向き合いながら寄り添い、乗り越えていく姿を描く。俳優の鈴鹿央士さん演じる戸川湊斗を紹介する。

 ◇高校時代に複雑な片思い 報われた未来に待ち受けていたのは…

 湊斗は、主人公・青羽紬(川口春奈さん)の中学時代からの同級生で、現在の恋人。高校時代はサッカー部に所属し、佐倉想(目黒蓮さん)とは親友だった。紬、想とは3年生で同じクラスになり、思いを寄せる紬と、共に汗を流してきた想が互いに好意を抱いていることに気づく。一度は、大切に思う2人の交際を祝福することに決めた。

 それでも紬への気持ちを胸に秘めていた湊斗は、高校卒業後、紬と想が別れたと知り、同窓会で再会したことをきっかけに、紬と付き合うことに。3年たち、将来のことを考えるようになってきたころ、想が現れ、心がざわつきはじめる。

 ◇「silent」初回ストーリー

 高校時代、佐倉想の声と紡ぐ言葉に引かれた青羽紬。3年生で同じクラスになり、中学からの幼なじみ・戸川湊斗の紹介もあって距離を縮める。音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなった2人は、かけがえのない時間を過ごしていた。

 大学進学で東京と群馬で離れ離れになるが、何も心配することはないと思っていた紬。しかし、想から一方的に別れを告げられてしまう。振られた理由も分からず、心残りはあったが、8年後のいま、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

 ある日、紬は駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は……。初回は15分拡大で放送される。

テレビ 最新記事