山田涼介:拷問シーンに「負担すごくある」「攻めたドラマができた」 主演ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」会見

10月5日スタートの連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の会見に出席した山田涼介さん(左)と川栄李奈さん
1 / 1
10月5日スタートの連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の会見に出席した山田涼介さん(左)と川栄李奈さん

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんが10月5日、この日スタートする主演ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)の会見に出席した。拷問シーンなど残酷描写もあるという今作に「攻めたドラマができました」と手応えを見せた。

 ドラマは、累計発行部数120万部を突破した井龍一(いのりゅう・はじめ)さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)が原作。自分は二重人格と悟った大学生の浦島エイジ(山田さん)が「もう一人の自分」が殺人を犯しているかも、と不安に駆られ、真相を追い求めて行くサスペンス。

 山田さんは「もともと原作を読んでいて、いつか実写化されるであろうマンガだなと思っていましたが、まさか自分にオファーをいただけるとは驚きました。ただ、この原作をどこまで表現できるのかと思いました」と残酷な描写もあるマンガの実写化に、当初は不安だったという。

 ただ「だいぶ攻めたドラマが生まれたと思います。そんな(挑戦的な)作品に自分が出演させてもらえた喜びも感じました。視聴者の皆さんにも、“攻めの姿勢”を感じていただけるのでは。たしかな手応えを感じています」と話した。

 撮影については「二重人格のキャラなので、一日何度も人格を入れ替えて演技をすることは精神的にも大変ですが、一番大変なのは拷問シーン。体の負担がすごくかかります」と語った。

 会見には、ヒロインを務める川栄李奈さんも登壇。「山田さんが毎日アザをつくって頑張っているので、その頑張りにこちらも負けないよう撮影に臨んでいます」と話していた。

 ドラマは全9話。10月5日の初回は15分拡大で午後10時スタート。

芸能 最新記事