親愛なる僕へ殺意をこめて:1話早々のハードな描写に「想像以上にエグい」の声 “エイジ”山田涼介、究極の選択迫られる(ネタバレあり)

連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の一場面(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)が10月5日にスタートした。第1話からハードな残酷描写の連続に、視聴者から「1話からこんなに怖くてどーすんの泣」「予想以上に強烈な展開」「想像以上にエグすぎた」「怖いしか言えんのだが」といった声が相次いだ。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、累計発行部数120万部を突破した井龍一さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)が原作。自分は二重人格と悟った大学生の浦島エイジ(山田さん)が「もう一人の自分」が殺人を犯しているかも、と不安に駆られ、真相を追い求めて行くサスペンス。エイジは、15年前に日本中を震撼(しんかん)させた連続殺人事件の容疑者である殺人鬼“LL”こと八野衣真(早乙女太一さん)の息子という設定。

 第1話では、15年前のLL事件と酷似した殺人事件が発生し、警察から疑われたエイジが、自身のもう一つの人格“B一”に気付いて……と展開した。

 エイジは事件の真相を探るため、B一の足跡を追っていくことを決意。事件の被害者・畑葉子の親友であるナミ(川栄李奈さん)とも出会う。ナミは半グレ集団「スカル」の運営するデートクラブで葉子と共に働いており、葉子の突然の死の真相を独自で追っていた。

 一方、エイジはB一が接触していた「スカル」のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也さん)と行動を共にする。そんな中、エイジはサイに「スカル」のたまり場に呼び出される。そこで目にしたのは、涙を流すナミの姿と、震えながら椅子に拘束された男の姿。男はナミと付き合っていたことがサイにバレて、その逆鱗(げきりん)に触れた。

 サイはエイジに「コイツはウチの大事な商品に手を出した...... 。エイジ君、仕上げは任せるよ」といい、「一度でいいから見てみたかったんだよ...... 。LLの息子がどんな拷問を見せてくれるのか」と迫った。エイジは究極の選択を迫られて……というところで終了した。

 ハサミで指を落とす、金槌(かなづち)で急所をつぶす……など拷問シーンが相次いだ第1話。SNSでは「しょっぱなからこわい!!!!!!」「怖すぎるわこれ」「めっちゃ久しぶりに強めのサスペンスだったー」「予想してた以上に怖くてグロくて面白い」といった声が次々と上がった。

 また、ラストのエイジの窮地に「突然エイジくん大ピンチ」「めちゃめちゃピンチやん……」「続きが気になって仕方がない……怖いけど、気になる」といった声も上がっていた。 

テレビ 最新記事