ファーストペンギン!:“和佳”奈緒が“片岡”堤真一に啖呵切る! ブチ切れ演技に「鳥肌」「スッキリした」の声(ネタバレあり)

連続ドラマ「ファーストペンギン!」第1話の一場面=日本テレビ提供
1 / 13
連続ドラマ「ファーストペンギン!」第1話の一場面=日本テレビ提供

 女優の奈緒さん主演の連続ドラマ「ファーストペンギン!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が10月5日に放送された。奈緒さん演じる主人公のシングルマザー・岩崎和佳(のどか)が、漁船団の立て直しをめぐり、堤真一さん扮(ふん)する漁師の片岡洋にラストシーンで啖呵(たんか)を切り、視聴者を驚かせた。奈緒さんの迫真の演技に、SNSでは「気持ちのいい啖呵www」「奈緒すご。鳥肌や」「奈緒の演技えぐい」という声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、和佳が経営難に苦しむ漁師たちと出会い、古い常識や慣習を次々に打ち破りながら漁船団を立て直す姿を描く。山口県萩市で20代ながら、既成の漁業の在り方にこだわらず、漁師たちが捕った魚を市場を通さず自ら直接販売する「6次産業化」を実現した坪内知佳さんがモデルだ。

 第1話では、港町の汐ケ崎に移住してきた和佳が、漁船団「さんし船団丸」の社長・片岡に「浜の立て直し」を依頼される。

 和佳は、魚の直販業「お魚ボックス」案を思い付き、片岡らに提案するが、和佳の話を聞いた一同は渋い顔。「漁協に逆らうなんてありえない」と猛反対された和佳は渋々引き下がるが納得せず、お魚ボックス実現に向け孤軍奮闘して……という展開だった。

 和佳は、国が推進する農林漁業の6次産業化プロジェクトの存在を知る。申請には漁協の許可が必要で、和佳は地域の10の漁協をまとめる「統括さん」の署名押印を得ることに成功する。

 国の承認を得た和佳が片岡らに報告していると、漁協の組合長・杉浦久光(梅沢富美男さん)が怒鳴り込んでくる。杉浦は、和佳が事前に話を通さなかったことに怒り、片岡を「お前んとこ潰すなんて簡単なんやぞ」と脅す。

 おじけづいた片岡は、和佳に漁船団の立て直しを依頼したのにもかかわらず、「こんなにしてくれとは全く頼んでなかったもんで」ととぼける。

 これを聞いた和佳は「浜を立て直したいって言ったのはどこのどいつだよ」「このままじゃ浜は死ぬ、何とかしてくれって泣きついてきたのはどこのどいつだよ! このひょっとこ!」と声を荒らげる。

 和佳は、港町を救うために具体的な行動を起こさない杉浦にも噛みつく。怒った杉浦は「なら好きにしたらいい」と言い残し、その場を後にする。

 杉浦を怒らせたことで、漁業に必要な氷や燃料を絶たれた片岡が「どねえすんじゃ!」と和佳を問い詰めると、和佳は片岡の胸ぐらをつかみ、「私がタンクローリーごと連れてきちゃるけえ! つべこべ言わんとついてこい!」と言い放った。

 高校時代、教師に盾突いたことで痛い目に遭い、言いたいことを言えずに生きてきた和佳が感情を爆発。片岡や杉浦を罵倒するシーンに、SNSでは「いつもにこやかな印象の奈緒ちゃんのブチ切れ演技、すっごい」「奈緒の啖呵が痛快」「和佳の啖呵、めっちゃ気持ちいい~~。すっげえスッキリしたわ」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事