霊媒探偵・城塚翡翠:“紅親子”が「仮面ライダーキバ」以来14年ぶり 瀬戸康史&武田航平の共演に歓喜の声 「感慨深い」

連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」第3話の一場面=日本テレビ提供

 女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(じょうづか・ひすい)」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第3話が10月30日に放送された。俳優の武田航平さんがゲスト出演し、香月役の瀬戸康史さんと、特撮ドラマ「仮面ライダーキバ」(2008~2009年)以来、約14年ぶりに共演を果たした。SNSでは、「仮面ライダーキバコンビ」「14年ぶりの共演めちゃくちゃ感慨深いね」といった反響があった。

ウナギノボリ

 第3話では、翡翠(清原さん)は、千和崎(小芝風花さん)と共に香月のサイン会を訪れる。そこで、学校で起きた連続殺人事件を解決してほしいと依頼する高校生・菜月(當真あみさん)に出会う。菜月の高校では、写真部の女子生徒2人が相次いで絞殺されていた。

 香月と捜査1課の刑事・蝦名(須賀健太さん)と共に現場を回る翡翠。2件目の廃工場の現場で被害者の霊が突然“降霊”。そんな中、新たな事件が起きて、鐘場警部(及川光博さん)らも駆り出され……と展開した。武田さんは、写真部の顧問・石内役で登場。写真部の生徒について、香月に説明する様子などが描かれた。

 「キバ」では、瀬戸さんが演じた主人公・紅渡の父親である、紅音也を武田さんが演じていたことから、SNS上では「瀬戸康史と武田航平が並んでお芝居してるの見るだけで感動」「瀬戸康史と武田航平が同じ画面にいる!!」「親子共演じゃないか!」「紅親子の共演、遂に来た~!!」「仮面ライダーキバの二人が! 紅親子ーー」といった興奮の声が続々と上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画