クロサギ:ダンサー&振付師のTAKAHIROが第3話ゲスト出演 “白石”山本耕史とも関わる外国人役

連続ドラマ「クロサギ」第3話にゲスト出演するTAKAHIROさん(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「クロサギ」第3話にゲスト出演するTAKAHIROさん(C)TBS

 ダンサーで振付師のTAKAHIROさんが、人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さん主演の連続ドラマ「クロサギ」(TBS系、金曜午後10時)の第3話(11月4日放送)にゲスト出演することが3日、分かった。TAKAHIROさんがTBSのドラマに出演するのは初めてで、桂木(三浦友和さん)と取引のある外国人のマイケル・ウォンを演じる。

 ウォンは、黒崎(平野さん)と対峙(たいじ)する白石(山本耕史さん)と関わりがある人物。せりふは英語と中国語のみで、黒崎とも出会うことになる。

 TAKAHIROさんはヒップホップダンサーとして米国でプロデビューし、2009年にはマドンナさんのワールドツアーにも参加。振付師としては、矢沢永吉さん、「欅坂46」「SEKAI NO OWARI」などの振り付けを担当している。

 デビュー前に今回の役名と同じ「マイケル」の名前で活動していたというTAKAHIROさんは「お話をいただいた時『今回の役に親近感を感じる!』と興奮していました」と振り返る。そして「憧れの地上波初せりふは中国語と英語オンリー。挑戦にワクワクしながら原作と台本を読み込みました! マイケル・ウォンは主人公の黒崎高志郎をはじめ、物語のキーマンたちと接触します。第3話ご覧いただけたらうれしいです!」とアピールした。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画