鎌倉殿の13人:第42回「夢のゆくえ」 鎌倉は誰のもの 実朝が決意「北条から取り戻す」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第42回「夢のゆくえ」が11月6日に放送される。予告には、「鎌倉を北条から取り戻す」「上皇を後ろ盾に――」「実朝が描く夢」「唐船建造」「鎌倉は誰のもの」といった文字も映し出されている。

 第42回では、決意を新たにした源実朝(柿澤勇人さん)は、後鳥羽上皇(尾上松也さん)を手本として人任せにせず自ら裁定を下すことを決意。泰時(坂口健太郎さん)をそばに置き、自身の政を進める。一方、鎌倉内での地位を盤石なものとした義時(小栗さん)は、のえ(菊地凛子さん)に勧められて執権を名乗ることを決断。未熟な実朝らをけん制する。

 実朝と義時との関係がうまくいっていないことに政子(小池栄子さん)が気をもむ中、源仲章(生田斗真さん)が京から戻り……。予告には泰時が「鎌倉は父上一人のものではない」と強く訴え、義時が「だまれ!」と声を荒らげる姿も収められている。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事