アトムの童:「で、あなたは?」 “興津”オダギリジョーに「すごみが増してきてる」「ホント憎たらしい!」の声

連続ドラマ「アトムの童」で興津晃彦を演じるオダギリジョーさん (C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「アトムの童」で興津晃彦を演じるオダギリジョーさん (C)TBS

 俳優の山崎賢人さん主演の連続ドラマ「アトムの童(こ)」(TBS系、日曜午後9時)第4話が11月6日に放送された。大手IT企業「SAGAS(サガス)」の社長・興津晃彦(おきつ・あきひこ)役のオダギリジョーさんの冷徹な物言いに対して、SNSでは、「影の主役・オダギリジョーがホント憎たらしい!」「『アトムの童』のオダギリジョー本当怖いw」といった反響があった。

 第4話では、完成目前だったアトム玩具のゲームのデータが消えてしまう。10日後までに復元できなければ、インド人投資家へのプレゼンに間に合わず、融資は受けられない。那由他(山崎さん)らは急ピッチで復元を試みるが、作業の進め方を巡って隼人(松下洸平さん)と口論になる。

 実は、データ消失は、銀行の担当者・鵜飼(林泰文さん)の仕業だった。しかし、あきらめずに立ち向かう那由他や海(岸井ゆきのさん)らの姿を見て、鵜飼の心が動き始めていた。その矢先、支店長の小山田(皆川猿時さん)から再びゲームのデータを消すように指示されるが、鵜飼は踏みとどまり……と展開した。

 鵜飼が“寝返った”ことを、小山田が、興津(オダギリジョーさん)に電話で報告するシーンでは、「へぇ~そうですか。鵜飼君が寝返った。……で、あなたは? 後輩が裏切ったことを私に報告するだけで済むと思っているんですか?」と冷たい声で応対した興津。慌てた小山田が「役員待遇の話はまだ……」と話を続けようとするが、興津は電話を切ってしまう。

 秘書の吉崎(六角慎司さん)から「支店長の思惑通り運ばなかったようですね」と声をかけられた興津は、「そうだな。最初から小山田なんか当てにせず、自分で動いときゃよかったよ」と言って、携帯を放り投げるのだった。

 SNS上では、「わあああ興津めっちゃむかつく!(褒めてる)」「アトムの童みてるとオダギリジョー嫌いになる」「オダギリジョーまじ怖いけどかっこいい笑」「オダギリジョー最高だべ」「何回見てもオダギリジョーがハマり役過ぎて最高だな」といった感想が書き込まれた。

 ほかにも、「回を追うごとにオダギリジョーさんの良さ、すごみが増してきてる」「ゆがんだ口角からダダモレの色気がたまらない」「嫌なやつなのに無駄にセクシーたまらん……」といった意見も上がるなど、盛り上がりを見せていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事