鎌倉殿の13人:「鎌倉あっての北条」義時に特大ブーメラン! 政子&泰時包囲網で“孤立”か

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42回の一場面 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42回の一場面 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第42回「夢のゆくえ」が11月6日に放送され、主人公・北条義時(小栗さん)に“特大のブーメラン”が突き刺さった。

 第42回では、決意を新たにした源実朝(柿澤勇人さん)は、後鳥羽上皇(尾上松也さん)を手本として人任せにせず自ら裁定を下すことを決意。泰時(坂口健太郎さん)をそばに置き、自身の政を進める。一方、鎌倉内での地位を盤石なものとした義時は、のえ(菊地凛子さん)に勧められて執権を名乗ることを決断。未熟な実朝らをけん制する。

 実朝と義時との関係がうまくいっていないことに政子(小池栄子さん)が気をもむ中、源仲章(生田斗真さん)が京から戻り……と展開した。

 実朝が夢見た唐船建造は完成の日を迎えるも、まさかの進水ができず、そのまま浜で朽ちることに。落胆する実朝だったが、ここで政子が考えた「鎌倉の揺るぎない主(あるじ)となる手」を実行に移す。

 ある日、義時らを集めると「家督を譲る。鎌倉殿を辞し、大御所となる」と皆の前で告げる実朝。さらに跡継ぎとして外から養子を取ると言い出す実朝に、義時は嫡流なら公暁(こうぎょう、寛一郎さん)がいると待ったをかけるが、実朝は源氏の血筋に限ると文書には残っていないと突っぱね、あろうことか「朝廷に連なる、特に高貴なお血筋の方をもらい受ける」と上皇を頼ろうとする。

 ここで義時は「鎌倉殿とは武士の頂に立つ者のことでございます!」と食い下がるが、実朝は「その鎌倉殿を今後は私が大御所として支えていく」と言い返し、政子も涼しい顔で「鎌倉殿の好きにさせてあげましょう」と加勢する。

 改めて「鎌倉殿は源氏と北条の血を引く者が務めてきました。これからもそうあるべきです」と考えを口にする義時に、政子は「北条が何ですか」とピシャリ。続けて「小四郎、あなたが言ったのですよ。北条あっての鎌倉ではない。鎌倉あっての北条と。まずは鎌倉のことを考えなさい」と強く言って聞かせようとする。

 不満を募らせる義時に、今度は息子の泰時が「執権殿はご自分の思い通りに事を動かしたいだけなのです。鎌倉は父上一人のものではない!」と実朝に味方。義時は孤立してしまう。

 SNSでは「小四郎、特大ブーメラン」「義時に全方位ブーメラン」「義時が時政パパたちをいさめるために言った言葉が、この期に及んで義時自身にブーメランとして突き刺さるとは…」「泰時くんからもめっちゃ嫌われたし、義時本当に味方がいなくなってきてるよ…」といった感想が次々と書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画