高橋文哉:8LOOMライブで見せた涙「客席を見て感極まった」 12月に追加公演も「ドラマと現実をリンクしながら楽しんで」

大阪・Zepp Numbaでライブを行った7人組ボーイズグループ「8LOOM」
1 / 2
大阪・Zepp Numbaでライブを行った7人組ボーイズグループ「8LOOM」

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)に登場する、7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」が11月9、10日、Zepp Numba(大阪市浪速区)でライブハウスツアー「君の花になる “Let’s 8LOOM” TOUR~FIRST and LAST~」の大阪公演を開催した。その楽屋で、7人にライブの感想や大阪の印象などについて聞いた。

 ◇15日の福岡公演「博多弁で盛り上がりたい」(綱)

 ドラマは、元高校教師あす花(本田さん)が、個性豊かな8LOOMの寮母になり共同生活を送る模様を描く青春ラブコメディー。8LOOMは高橋文哉さん、宮世琉弥さん、綱啓永さん、八村倫太郎さん、森愁斗さん、NOAさん、山下幸輝さんが演じている。

 8LOOMのツアーは11月2日に東京・恵比寿リキッドルームで開幕。9、10日に大阪で行われた後、15日に福岡で開催される。

 佐神弾役でグループのセンターを務める高橋さんに、2日の東京でのライブの感想を聞くと、「初の単独ライブということで、8LOOMとしてドラマのカメラなしで人前に立つのが初めてだったので、8LOOMがアーティストというものを背負って歌って踊るという意味ですごく緊張感もあって、でもお客さんと一緒にとても楽しかったです」と笑顔で語る。

 高橋さんはそのライブで涙を見せたというが、そのとき、どんな気持ちだったのかと尋ねると、「ねえ、そうみたいですね」ととぼけ、他のメンバーから「人ごとかい!」とツッコミが入った。

 高橋さんは、涙について「客席の景色を見て感極まったんです」と明かし、「わりと突発的に(涙が出た)。会場を見渡したとき、撮影前にレッスンをしたり、これまで大変だったりしたことを思い出して、今ステージに7人で立っているんだと弾(の気持ち)とちょっとかぶる部分もあって、自分の中でパッと盛り上がっちゃったんですね」と告白する。

 15日にはZepp Fukuoka(福岡市中央区)での福岡公演に臨む。綱さんは「ツアーで東京、大阪だけでなく、九州まで行ける! 飛行機移動かな。みんなで羽ばたいちゃうね。大阪初日は弾(高橋さん)が『お前らのことめっちゃ好きやで~』って関西弁で盛り上がったので、福岡は博多弁で盛り上がりたいね」と話していた。

 ◇8LOOMで「大阪でたこ焼きパーティーをやりたい」(宮世)

 9、10日の公演のため、大阪入りした7人。大阪の印象を聞くと、森さんは「大阪は活気があって温かい感じ。大阪のライブに集まっていただいたファンの皆さんも温かくて、ペンライトを振ったりしてすごく盛り上がってくれたので、僕たちも楽しかったねって終わった後に話していました」と振り返る。

 「くいだおれ」の街だが、綱さんは「たこ焼きがおいし過ぎました(笑い)」、八村さんも「差し入れでいただいた、みたらし団子がおいしかった。形も面白いんですよ。ねぎまみたいで」と続ける。

 山下さんが「551の豚まん、めちゃおいしくなかった?」とメンバーに同意を求めると、NOAさんは「大阪の初日のライブが始まる前に食べさせてもらったんですけれど、気合が入りましたね」と答え、みんなで関西グルメを楽しんだ様子。

 大阪府出身の山下さんに、大阪でメンバーを連れていきたい場所を聞くと、「やっぱりアメ村(アメリカ村)」と答え、メンバーは「古着屋さんとかたくさんあるところだよね。行きたい!」と盛り上がっていた。

 宮世さんは、8LOOMが大阪で実現したいこととして「たこパ(たこ焼きパーティー)」を提案。「ファンミーティング的に、食べ物オーケーなライブ会場を借りて、みんなでたこ焼きパーティーをやりたい。ちょっと焼きすぎだよ!とか言われながら(笑い)」といい、「“8LOOM祭り”を開いて、たこ焼きやお好み焼きとかの屋台を並べて、僕たちがステージで踊ったりして、8LOOMのグッズもそこに全部まとまっているようなお祭りを開きたい」と夢見ていた。

 8LOOMのライブは15日の福岡公演の後、12月2~4日に東京ガーデンシアター(東京都江東区)での追加公演が決定した。また「きみはな展」が12月1~25日に渋谷ヒカリエホールホールB(同渋谷区)で開催される。

 最後に、今後のドラマの見どころについて、高橋さんは「第5話(15日放送)は折り返し地点になって、8LOOMとしての大きな壁があり、それをみんなで乗り越えるために汗水たらして頑張って撮影しました。6話以降、8LOOMの活動がメインになってきますので、役者としても、キャラクターとしても一緒に成長していけるこのドラマの色がもっともっと濃くなっていくので、楽しんで見てください。また新しい曲をどんどん作っていくので、それも現実のリリースやライブとリンクしながら楽しんでもらえたらうれしいです」とメッセージを送った。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事