鎌倉殿の13人:三谷大河ではフラグ? “前例あり”愛する者への「行って参る」 実朝と千世「本当にいい夫婦なのに」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第44回「審判の日」が11月20日に放送され、右大臣拝賀式の日を迎えた源実朝(柿澤勇人さん)が、正室・千世(加藤小夏さん)に「行って参る」と告げる姿が描かれた。

 第44回では、後鳥羽上皇(尾上松也さん)の計らいにより、右大臣に叙されることとなった源実朝。政子(小池栄子さん)が愛息の栄達を喜ぶ中、鎌倉殿への野心に燃える公暁(寛一郎さん)は三浦義村(山本耕史さん)のもとを訪れ、鶴岡八幡宮で執り行われる拝賀式で「実朝を討つ」と宣言する。

 一方、三浦館の動きに胸騒ぎを覚える泰時(坂口健太郎さん)は、義村に「今日の儀式、三浦勢は参加しないでいただきたい」と伝える。そこで義村は、自分たちの襲撃計画が感づかれたことに気づき、公暁に計画取りやめの文を送るが、公暁は握りつぶしてしまう。

 なぜ公暁は、そこまで「鎌倉殿」に執着するのか。その鍵とも言える頼家(金子大地さん)の死の真相を聞かされ、愕然(がくぜん)とする実朝は、今まで何も知らず、「王道」を歩んできたことへの罪悪感を胸に、一人公暁の元を訪ねる。

 実朝の謝罪の言葉に「私の気持ちなど分かるはずがない」と激しく憤る公暁だが、「あなたが憎いのではない。父を殺し、あなたを担ぎ上げた北条が許せないのです」と伝え、二人は「鎌倉を源氏の手に取り戻す」ため、意気投合したかに見えたが……。

 雪が降りしきる夜、鶴岡八幡宮での右大臣拝賀式に出かけようとする実朝を、「右大臣様、行ってらっしゃいませ」と見送ろうとする千世。実朝は、そんな妻に「私は上皇様に二つ感謝せねばならない。このような過分な官位を下さったことと、お前を引き合わせてくれたこと」との言葉を送る。そして実朝は、うれしそうな笑顔を浮かべる千世に「では、行って参る」と告げる。

 愛する者への「行って参る」は、以前、畠山重忠(中川大志さん)と妻のちえ(福田愛依さん)との間で交わされた“最後の言葉”であり、SNSでは「知ってるんだ、イケメンがこの物語の中で愛する人に『行って参る』というのはフラグだって」「鎌倉殿において『行って参る』はフラグなんだよ…」「『行って参る』が死亡フラグな三谷大河」「実朝くんと千世ちゃん夫婦の別れか。つらすぎる」といった感想が次々と書き込まれた。

 さらには、「この2人は、本当にいい夫婦なのにね」「千世ちゃんには幸せになってほしい」「千世ちゃん可愛い…尊い…」「千世ちゃんの笑顔でご飯3杯はいける」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画