鎌倉殿の13人:全視聴者の願いを代弁するトキューサ「降らないでくれ…」 歩き巫女の“忠告”忘れる実朝には嘆き

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第44回「審判の日」が11月20日に放送され、鶴岡八幡宮の大階段を前に時房(瀬戸康史さん)が、空を見上げて「降らないでくれ……」とつぶやくシーンが登場。SNSでは、「降らないでくれ…(全視聴者の声)」「降らないでくれ…(全視聴者の願い)」「トキューサ、全視聴者の代弁者か…」といった声が上がった。

 さらに「トキューサ『降らないでくれ…』まったくだ」「皆トキューサと同じ気持ちですわ」「本当に降らないで…雪…」「全クラスタの気持ちだよそれ」「本当だよ。雪、降らないでくれ」といった思いも次々と書き込まれた。

 第44回では、後鳥羽上皇(尾上松也さん)の計らいにより、右大臣に叙されることとなった源実朝(柿澤勇人さん)。政子(小池栄子さん)が愛息の栄達を喜ぶ中、鎌倉殿への野心に燃える公暁(寛一郎さん)は三浦義村(山本耕史さん)のもとを訪れ、鶴岡八幡宮で執り行われる拝賀式で「実朝を討つ」と宣言する。

 一方、三浦館の動きに胸騒ぎを覚える泰時(坂口健太郎さん)は、義村に「今日の儀式、三浦勢は参加しないでいただきたい」と伝える。そこで義村は、自分たちの襲撃計画が感づかれたことに気づき、公暁に計画取りやめの文を送るが、公暁は握りつぶしてしまう。

 なぜ公暁は、そこまで「鎌倉殿」に執着するのか。その鍵とも言える頼家(金子大地さん)の死の真相を聞かされ、愕然(がくぜん)とする実朝は、今まで何も知らず、「王道」を歩んできたことへの罪悪感を胸に、一人公暁の元を訪ねる。

 実朝の謝罪の言葉に「私の気持ちなど分かるはずがない」と激しく憤る公暁だが、「あなたが憎いのではない。父を殺し、あなたを担ぎ上げた北条が許せないのです」と伝え、二人は「鎌倉を源氏の手に取り戻す」ため、意気投合したかに見えたが……。

 結局、実朝は歩き巫女(大竹しのぶさん)の忠告(『雪の日は出歩くな』)を忘れて、雪が降りしきる夜、鶴岡八幡宮へ。視聴者は「雪の日は出歩くな!っておばば言ってたじゃん!」「せっかく雪の日は出歩くなって言ってもらってたのに」「雪の日は出歩くな…ってあれほど言われたのにぃ~~」と嘆いていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画