ファーストペンギン!:第8話 漁師たちが完全分裂 “和佳”奈緒は倒産危機に直面

連続ドラマ「ファーストペンギン!」第8話の一場面=日本テレビ提供
1 / 5
連続ドラマ「ファーストペンギン!」第8話の一場面=日本テレビ提供

 女優の奈緒さん主演の連続ドラマ「ファーストペンギン!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第8話が11月23日に放送される。予告映像には「船の転覆危機から漁師たち完全分裂」「倒産危機! 漁師たちの運命は!?」などの文字が並ぶ。

 「さんし船団丸」は、船が転覆しかけた事故をきっかけに漁師たちが去り、片岡洋(堤真一さん)と小森賢太郎(北川尚弥さん)ら数人だけが残る。

 岩崎和佳(奈緒さん)は「皆を呼び戻しに行こう」と提案するが、片岡は断固拒否。和佳が講演する水産フェア会場で経験のある漁師を募集すればいい、と言い出す。

 和佳は片岡を連れ、全国から漁師が集う水産フェアの会場へ。講演終了後、和佳と片岡は、元官僚のビジネスコーディネーター・波佐間成志(小西遼生さん)を紹介される。

 見るからにやり手な波佐間に「さんしと一緒にビジネスしたい」と言われた和佳は目を輝かせるが、片岡はそんな2人にモヤモヤし、帰り道に大げんか。東京に置き去りにされる形となった片岡は帰る手段を失い、迷子になる。

 汐ケ崎に戻った和佳の元に、銀行から「融資を切り上げたい」と唐突に連絡が入る。いきなり倒産危機に直面した和佳に、挽回のチャンスは訪れるか。

 脚本は実話を基にした森下佳子さんのオリジナル。シングルマザーの和佳が、経営難に苦しむ漁船団の漁師たちと出会い、古い常識や慣習を打破して船団を立て直す姿を描く。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事