ファーストペンギン!:第9話 “永沢”鈴木伸之が復帰 “片岡”堤真一の家出中に忍び寄る黒い影

連続ドラマ「ファーストペンギン!」第9話の一場面=日本テレビ提供
1 / 7
連続ドラマ「ファーストペンギン!」第9話の一場面=日本テレビ提供

 女優の奈緒さん主演の連続ドラマ「ファーストペンギン!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第9話が11月30日に放送される。予告映像には「“頼れる味方”カムバック! 一体何が!?」「船団長が家出! 深まる亀裂」「ビジネスチャンスに忍び寄る黒い影」などの文字が並ぶ。

 永沢一希(鈴木伸之さん)が戻って来たことに、岩崎和佳(のどか、奈緒さん)と「さんし船団丸」の漁師らは驚きながらも大喜び。

 東京では、片岡洋(堤真一さん)が「もうワシの居場所はあそこには無い」と、息子の琴平祐介(渡辺大知さん)がパートナーの林田楽(大貫勇輔さん)と暮らすマンションに居座る。

 片岡不在の間も魚の直販「お魚ボックス」の注文は殺到し、漁師らは片岡の穴を埋めようと大忙し。そこに元官僚のビジネスコーディネーター・波佐間成志(小西遼生さん)が現れ、お魚ボックス用の血抜き作業を手伝う。

 波佐間は片岡の代わりを簡単に務め上げ、皆の信頼を得る。波佐間は和佳に「浜の船団を一つの会社にまとめませんか?」と大胆な提案をする。

 波佐間と手を結んだ和佳は、浜尻公平(高杉亘さん)ら他の船団の漁師たちも巻き込み、「浜の一企業化」実現へ動き出す。

 急接近する和佳と波佐間の様子にモヤモヤを募らせる永沢は、片岡を連れ戻すためにある行動に出て……。

 脚本は実話を基にした森下佳子さんのオリジナル。シングルマザーの和佳が、経営難に苦しむ漁船団の漁師たちと出会い、古い常識や慣習を打破して船団を立て直す姿を描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事