相棒season21:第7話「砂の記憶」 20年前の強盗が再び動き出す? 伊丹にも因縁が

連続ドラマ「相棒season21」第7話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 5
連続ドラマ「相棒season21」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ相棒season21」(テレビ朝日系、水曜午後9時)第7話「砂の記憶」が11月30日に放送される。

 特命係に警視庁職員の健康を管理している保健師・吉崎弘美(桜木梨奈さん)が来る。面談を先延ばしにしている杉下右京(水谷豊さん)と、診断を受けていない亀山薫(寺脇康文さん)にクギを刺しに来たという。

 そんな折、「20年前の連続通り魔事件の犯人が動き出す」と書かれた告発文が特命係に届く。若い女性を狙った7件の連続強盗事件のこと。7人目の被害者で15歳の少女は亡くなり、メディアでも大きく取り上げられた。当時の捜査本部には伊丹憲一(川原和久さん)もいたが、迷宮入り。20年後の今、傷害致死の時効が迫っていた。

 右京と薫は手掛かりを求めて、亡くなった少女の母親を訪問。しかし、「そっとしておいて」と追い返される。そんな中、夜道で女性が襲われる通り魔事件が発生。伊丹らも捜査に乗り出すが……。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事