ジェジュン:流ちょうな日本語は居酒屋一人飲みで身に付けた 姉8人の大家族の生活も 「徹子の部屋」で明かす

11月25日放送の「徹子の部屋」に出演するジェジュンさん=テレビ朝日提供
1 / 3
11月25日放送の「徹子の部屋」に出演するジェジュンさん=テレビ朝日提供

 韓国出身の歌手ジェジュンさんが、11月25日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。

 ジェジュンさんは、K-POPの人気ユニット「東方神起」のメンバーとして17歳でデビュー。その後、アジア各国で大人気となり、今はソロ活動の幅を広げている。3年半ぶりの日本ツアーのため来日中だ。

 通訳が不要なほど流ちょうな日本語は、日本の居酒屋での一人飲みで身に付けた。目が合った客と会話することで知らない言葉を学ぶ。年齢や職業の違うさまざまな人の体験を聞くことは自分の人生勉強にもなるという。日本にも家を持ち、自炊をするジェジュンさんの得意料理も明らかになる。

 ジェジュンさんは、姉8人の大家族で育った。個室は無く、子供たちはリビングに布団を並べて寝ていたと振り返る。厳しい父には「歌手なんてなれるわけがない」と言われた。デビューまでの数年間は、自分で生活費を稼ぎながらレッスンを受ける日々だったと語る。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事