Sister:第6話 “陽佑”溝端淳平、倒れる “凪沙”山本舞香は“桧山”永井大と再会

女優の山本舞香さん、瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister」第6話の一場面(C)あやぱん 蜆ツバサ・マンガボックス/ytv
1 / 7
女優の山本舞香さん、瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister」第6話の一場面(C)あやぱん 蜆ツバサ・マンガボックス/ytv

 山本舞香さんと瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister(シスター)」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第6話が11月24日に放送される。

 沙帆(瀧本さん)の妊娠がうそと分かり、笑顔が戻った陽佑(溝端淳平さん)。

 凪沙(山本さん)は社の廊下で羽瀬昊汰(佐藤大樹さん)とぶつかる。その時落ちたバッグの中身を拾おうとすると、見覚えのある仮面が。凪沙を襲った男のつけていたのと同じ仮面。「まさか襲ってきたのは羽瀬さん?」と不安になる凪沙。

 その夜、凪沙はデザイン部の飲み会へ。同じ頃、陽佑と昊汰は陽佑のマンションで飲んでいた。昊汰への感謝の気持ちを語った陽佑がグラスに口をつけると、その場に倒れてしまう。そこへ沙帆がやってきて……。

 凪沙は、新人の頃に世話になった先輩・桧山亨(永井大さん)と再会し……?

 原作はマンガアプリ「マンガボックス」で連載された、あやぱんさん作、蜆(しじみ)ツバサさん画の同名マンガ。妹の初恋の人が、再会した姉の婚約者になっていて……というラブサスペンス。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事