Sister:「久しぶりね、凪沙ちゃん」 “沙帆”瀧本美織&“凪沙”山本舞香の再会が話題

連続ドラマ「Sister」の第9話の一場面=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「Sister」の第9話の一場面=読売テレビ提供

 女優の山本舞香さんと瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister(シスター)」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第9話が、12月15日に放送された。ラストでは、凪沙(山本さん)の前に姿を現した沙帆(瀧本さん)が、「久しぶりね、凪沙ちゃん。私に会いたかったんでしょ?」と声をかける展開に。SNSでは、「姉妹再会したところで終わったー」「どんな結末が描かれるのか楽しみ」といった声が上がった。

ウナギノボリ

 第9話では、沙帆の幻覚から逃れるため、凪沙は、桧山(永井大さん)に体を許してしまう。しかし、桧山が妻恵・美(黒川智花さん)や娘と過ごす姿を目撃し、彼が既婚者だったと知る。

 一方、沙帆から呼び出された陽佑(溝端淳平さん)は、凪沙が桧山とホテルの前にいる画像などを見せられる。凪沙が浮気していることを告げた沙帆は、「私のお願い、聞いてもらえる?」と陽佑に伝えて……と展開した。

 終盤では、陽佑が沙帆とメッセージのやりとりをしていることを、凪沙が知る展開に。崖から転落した沙帆について、「やっぱりお姉ちゃんは生きていたんだね。私の知らないところで二人で会ってたんだ……」と陽佑に話した凪沙は、「嘘つき!」と怒って部屋を出て行ってしまう。

 沙帆が裏で手を回し、自分からすべて奪おうとしていたんだと、考えながら走っていた凪沙。そこへ「久しぶりね、凪沙ちゃん」と沙帆が姿を現す展開で、SNS上では「今週も怒涛の展開すぎて面白すぎたSister」「沙帆のシーン少なくて物足りなかった笑。瀧本美織さんの悪女役は迫力ありすぎて好き笑」「Sisterの瀧本美織が美しすぎる」などの感想が書き込まれた。

 ドラマは、12月22日の放送が最終回ということで、「来週いよいよ最終回。毎週の楽しみが終わってしまう」「来週最終回だけど、終われるん? 読めなさすぎる」「再び瀧本美織と対峙し次週最終回へ! どんな結末が描かれるのか楽しみ」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画