川崎鷹也:「祈りのカルテ」で初のドラマ出演、本人役で 「魔法の絨毯」歌唱シーンも

連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」第8話にゲスト出演する川崎鷹也さん(左)と大家志津香さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」第8話にゲスト出演する川崎鷹也さん(左)と大家志津香さん=日本テレビ提供

 シンガー・ソングライターの川崎鷹也さんが、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん主演の連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」(日本テレビ系、土曜午後10時)にゲスト出演することが11月24日、明らかになった。川崎さんがドラマに出演するのは初めてで、26日放送の第8話に本人役で登場する。

 川崎さんは「ドラマの邪魔をしてしまったらどうしようと不安でしたが、川崎鷹也本人役ということで気負うことなく、いつも通りの姿をお見せすることができたと思います」と振り返った。ドラマ内では、ストリーミングでの累計再生回数が3億回を突破したヒット曲「魔法の絨毯(じゅうたん)」や、エールソング「幸せあれ」を路上で歌っている。

 併せて、元「AKB48」でタレントの大家志津香さんの共演も分かった。大家さんの役柄は放送内で明らかになる。

 原作は知念実希人さんの医療ミステリー「祈りのカルテ」シリーズ(角川文庫など)。研修医の諏訪野良太(玉森さん)が、カルテを基に患者の秘密を見破り、心を癒やすことで病を治していく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画