クロサギ:第6話 「お前の敵は俺で終わりじゃない」 “黒崎”平野紫耀が真の宿敵探しの旅へ

連続ドラマ「クロサギ」第6話の一場面(C)TBS
1 / 4
連続ドラマ「クロサギ」第6話の一場面(C)TBS

 人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さん主演の連続ドラマ「クロサギ」(TBS系、金曜午後10時)第6話が11月25日に放送される。

 上海から帰国した黒崎高志郎(平野さん)は、吉川氷柱(黒島結菜さん)と愛猫のクロと久々に再会。氷柱は無事の黒崎を見て安心するが、黒崎は御木本(坂東彌十郎さん)が最後に残した「お前の敵は俺で終わりじゃない」という言葉が引っ掛かっていた。

 黒崎はやり場のない気持ちを抱えながら、御木本から手に入れた金を桂木敏夫(三浦友和さん)に渡しに行く。そこで、スーツ姿の見知らぬ男が「かつら」へ入るのを目撃する。

 黒崎は桂木から新たにシロサギの情報を買う。大学生を違法なバイトに誘ってマンション投資詐欺の片棒を担がせている奴だ。

 そのシロサギの標的になったのは氷柱の大学の同級生。氷柱は同級生を助けるため、法律で詐欺師に立ち向かおうと奮闘するが、その途中で“仕事中”の黒崎と遭遇。クロサギのだまし返しに巻き込まれる。

 そして、黒崎の真の宿敵探しの旅が始まって……。

 原作は夏原武さん原案、黒丸さん画のマンガ「クロサギ」シリーズ(小学館)。詐欺被害で家族を失った主人公が、詐欺師をだます詐欺師“クロサギ”となって真の敵に立ち向かっていく。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事