尾上松也:「しんぼく」金髪姿から一変 月9「女神の教室」で警視庁捜査一課の優秀な刑事に

連続ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」に出演する尾上松也さん (C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」に出演する尾上松也さん (C)フジテレビ

 歌舞伎俳優の尾上松也さんが、女優の北川景子さん主演で2023年1月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」(月曜午後9時)に出演することが12月2日、明らかになった。警視庁捜査一課の優秀な刑事・風見颯を演じる。松也さんが同局のドラマに出演するのは、半グレ集団の金髪カリスマリーダーを演じた今年10月期の「親愛なる僕へ殺意をこめて」に続き2期連続。

 ロースクール(法科大学院)を舞台にしたリーガル青春群像劇。実務家教員としてロースクールに派遣された裁判官の主人公・柊木雫(北川さん)が、法の教科書には載っていない「人」を知るための授業を繰り広げる。

 松也さん演じる風見は、口が達者で正義感が強く、人思い。優秀な刑事で観察眼があり、同僚からの信頼も厚い。ある事件の捜査のため、法科大学院の学院長・守宮清正の元をたびたび訪れる。また、柊木や法科大学院の学生たちの周りで起きる不可解な嫌がらせに対しても、個人的に相談に乗る。

 今回の出演に、松也さんは「北川景子さんと再共演させていただけることもうれしかったですし、役柄としてもとてもやりがいがある設定で、ぜひやってみたいと思いました」とコメント。「オリジナルドラマということで、展開を楽しみながら演じていきたいです。ストーリーは、1話進むたびに次の展開が気になって、どはまりしてしまいました」と語る。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事