鎌倉殿の13人:謀反加担バレ危機“三浦の終わり”現実味 珍しく感情的になった義村の心理 山本耕史「自分の手数尽きる一歩手前」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 三浦義村(山本耕史さん)と弟・胤義(岸田タツヤさん) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 三浦義村(山本耕史さん)と弟・胤義(岸田タツヤさん) (C)NHK

 小栗旬さん主演のNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。11月27日放送の第45回「八幡宮の階段」では、雪の鶴岡八幡宮での惨劇が描かれ、公暁(寛一郎さん)が、源仲章(生田斗真さん)と実朝(柿澤勇人さん)を次々と殺害。その後、公暁は「四代目鎌倉殿」を名乗るも、謀反人となり、最後は、三浦義村(山本耕史さん)に背後から刺され、命を落とした。義村役の山本さんは、「公暁が逃げている間の(義村の)心境」について語っている。

 同回では、義村が弟・胤義(たねよし、岸田タツヤさん)を前にし、公暁の謀反に加担してることが知られたら「三浦は終わりなんだよ!」と珍しく感情的になるシーンもあった。

 「台本にも珍しく『感情的に』というト書きもあったりして、三浦が滅びないように動いてきているので、一番のピンチといえばピンチのような。でも、ピンチがチャンスでもあるというか、同時にね」と話す山本さん。

 「常に三手四手先くらいまで考えていて。三手四手先の最初の手かその次の手くらいで大体いつもまとまるのに、それが三手四手先くらいまでいっているから、さぁ、その次はどうしようかという」とかなり追い込まれていたことを認めた上で、「自分の手数の尽きる一歩手前まできていたんじゃないですかね。そこは結構ハラハラしましたけどね」と振り返った。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 ドラマは残り3回となっている。

テレビ 最新記事