鎌倉殿の13人:ボールはともだち? “翼くんみ”あるトキューサ 軍勢率いて上洛も頭の中は「蹴鞠でいっぱい」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第46回の一場面 後鳥羽上皇(尾上松也さん)との蹴鞠対決を終えた北条時房(瀬戸康史さん、左) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第46回の一場面 後鳥羽上皇(尾上松也さん)との蹴鞠対決を終えた北条時房(瀬戸康史さん、左) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第46回「将軍になった女」が12月4日に放送された。幕府と朝廷との駆け引きが描かれた同回で、瀬戸康史さん演じる北条時房(トキューサ)が、「できれば蹴鞠(しゅうきく)で決着をつけたい」と思い悩む姿に視聴者の注目が集まった。

 第46回では、源実朝(柿澤勇人さん)の代わりに鎌倉殿(征夷大将軍)となる親王の下向をめぐって、幕府と朝廷が駆け引きを繰り広げる。時房は義時(小栗さん)に命じられ、朝廷に脅しをかけるため、軍勢を率いて京へと向かう。

 泰時(坂口健太郎)は「一つ手を誤れば戦になりかねない」と心配するが、時房は「できれば蹴鞠(しゅうきく)で決着をつけたいものだな」「蹴鞠なら自信があるんだがなあ」とあくまで蹴鞠対決を望む。結局、1000の兵と共に上洛(じょうらく)した時房。後鳥羽上皇(尾上松也さん)は、そんな時房に「ここは一つ勝負で決めようではないか。勝負といえば、“あれ”」と告げ、時房も待っていましたとばかりに笑みを浮かべる……。

 そして、蹴鞠対決へと突入する二人。SNSでは「トキューサ、蹴鞠の話しかしねぇ笑」
」「トキューサは蹴鞠で頭がいっぱい」「まじで蹴鞠対決w」「蹴鞠にこだわるトキューサ。ボールはともだち」「トキューサ、どんだけ蹴鞠好きよ。サッカー少年か」「大空翼くんよろしく『もめごとはみんなサッカーで決めちゃおうぜ』のトキューサ」「翼くんみがある」と盛り上がっていた。

テレビ 最新記事