注目ドラマ紹介:「リバーサルオーケストラ」 “元天才バイオリニスト”門脇麦、“変人マエストロ”田中圭と交響楽団を立て直す

女優の門脇麦さんが主演を務める連続ドラマ「リバーサルオーケストラ」第1話の一場面=日本テレビ提供
1 / 8
女優の門脇麦さんが主演を務める連続ドラマ「リバーサルオーケストラ」第1話の一場面=日本テレビ提供

 女優の門脇麦さん主演の連続ドラマ「リバーサルオーケストラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、1月11日からスタートする。門脇さん演じる主人公の“元”天才バイオリニストの谷岡初音が、変人マエストロ・常葉朝陽(ときわ・あさひ、田中圭さん)と、地元の“ポンコツ”オーケストラ、「児玉交響楽団(通称・玉響)」を立て直そうと奮闘する姿を描く。門脇さんが、ゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)の民放ドラマで主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、2020年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」、2021年の連続ドラマ「最愛」(TBS系)などを手がけた清水友佳子さんのオリジナル。初音の幼なじみ・三島彰一郎を永山絢斗さん、恋多きチェロ首席奏者・佐々木玲緒を瀧内公美さん、遅刻魔のフルート首席奏者・庄司蒼を坂東龍汰さんが演じる。

 また、朝陽の父で市長の常葉修介役で生瀬勝久さん、“イケボ”で、主婦層を中心に人気を集める市議会議員・本宮雄一役で津田健次郎さんも出演する。

 第1話は……埼玉県のはずれにあるのどかな街、西さいたま市。音楽での地域活性化を図るべく、市長の常葉修介の旗振りで、立派なシンフォニーホールを建設中だ。

 市役所の広報広聴課に勤務する谷岡初音は、ホールの4月オープンを告知するポスターを配布するため、公民館にやって来る。そこで行われていた地元のオーケストラ・児玉交響楽団の公演をのぞいた初音は、驚きの光景を目にする……。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事