舞いあがれ!:柏木「好きだった」「幸せだった」 舞は涙、視聴者はツッコミ「パイロットじゃないとダメなの?」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第71回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第71回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)第71回が1月13日に放送され、柏木(目黒蓮さん)が舞(福原さん)のもとを訪れるシーンが登場した。

 航空会社の内定を辞退するという舞に、柏木は「どうして? あんなに頑張ったじゃないか。パイロットになるために一生懸命勉強して、誰よりも空、飛びたがってた。いまパイロットを諦めたらきっと後悔する。違うか?」と尋ねる。

 舞は「後悔するかもな。けど、今ここ離れたら……絶対後悔する。お母ちゃんを助けて、工場立て直したい。それが、今の私にとっての一番大事なことや」とパイロットを諦めることを告げる。

 舞の思いを知った柏木は「本当はさ、そういう気がしてた。でも、そういう舞だから好きだった。短い間でも、一緒に空を目指せて幸せだった。頑張れよ」とエールを送って、立ち去った。

 その後、舞はめぐみ(永作博美さん)に柏木と別れたことを涙ながらに告げ、「お母ちゃん。一緒に頑張ろう」と工場を支えることを伝えた。

 SNSでは「柏木学生はこれで退場しちゃうの?」「柏木学生と別れちゃうのか。パイロットになる舞ちゃんも見たかった」「え! パイロットにならないの!? 柏木学生とのお別れ、その理由なの!?」「柏木さんパイロット目指す舞ちゃんじゃないとだめなのかな? 岩倉舞でいいんじゃない」「『目指す場所が違っても、舞ちゃんを支える』って方向になってほしかったな」と、柏木へのツッコミが相次いでいる。

テレビ 最新記事