夕暮れに、手をつなぐ:初回視聴率は8.0% “空豆”広瀬すず、“音”永瀬廉と衝撃的な出会い

「夕暮れに、手をつなぐ」第1話の場面カット(C)TBS
1 / 1
「夕暮れに、手をつなぐ」第1話の場面カット(C)TBS

 広瀬すずさん主演で人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが共演する連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が1月17日に15分拡大で放送され、平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)は世帯8.0%、個人4.7%だった。

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年)などの北川悦吏子さんが脚本を担当。九州で育ち、婚約者を追って上京した浅葱空豆(あさぎ・そらまめ、広瀬さん)と、作曲家を目指す青年、海野音(永瀬さん)の青春ラブストーリー。

 第1話で、九州の片田舎で育った空豆は、作曲家を目指す青年、音と衝撃的に出会う。二度と会うことはないと思っていた2人だったが、高級中華料理店で再会。しかし、空豆は婚約者に振られて泥酔していた……という展開だった。

テレビ 最新記事